« バザーの準備 その2 | トップページ | からあげにチャレンジ »

生きることと死ぬこと

昨日、私が若い頃からお世話になり、どんな私も素晴らしいと認めてくださってきた先生の奥様がお亡くなりになりました。私は奥様も大好きで、子ども達も気にかけ可愛がって頂いていたので、とても寂しく感じています。

そういう感情があるのは確かなのですが、同時に荘厳な気持ち、人生の不思議を感じています。お亡くなりになる数週間前、電話でお話ししたときに、奥様はこんなことをおっしゃっていました。

身体が不自由になった主人の事を、私の方が離せない気持ちでいたのだけれど、今回自分が腰を痛めて、動けなくなったお陰で、夫婦でどうやって死を迎えるか、冷静に話しができたのよ。だからね、もう安心なの。大丈夫なのよ。と・・・・。

主人の思うように、といつも一所懸命だった奥様。買い物から帰って、ちょっと気分が悪いからと横になられてそのまま、昇天されてしまった奥様。

不自由なお体でも、コトバが充分にでなくても、変わらず私も含めて沢山の人を褒めて元気づけている先生。

介護される先生からも介護する奥様からも沢山の事を教えて頂き続けています。

死は人生の収穫だと尊敬する谷口雅宣先生はおっしゃっています。うまく表現できないけれど、奥様が死をもって教えてくださったことをちゃんと受け止めて、生きていきたい。

|

« バザーの準備 その2 | トップページ | からあげにチャレンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/3564887

この記事へのトラックバック一覧です: 生きることと死ぬこと:

« バザーの準備 その2 | トップページ | からあげにチャレンジ »