« 夫を拝む | トップページ | 肉なしどんぶり »

肉食から菜食にむけての練習

お恥ずかしい話ですが、私は中学生になるまで、野菜類は殆ど食べられませんでした。ものすごく偏食が激しかったのです。幼稚園では、毎日パンにおかずを全て挟んで家に持ち帰り、親にも内緒でそっと捨てていました。小学校では、給食の時間が地獄で、掃除が始まってもいつも食べている子供でした。嫌だと思うとウっと吐き気がするのです。そんな私が中学生になり、弁当を作ってくれる母は大変だったと思います。丁度その頃生長の家に触れ、肉食よりは魚、魚よりは野菜の方が、相手に痛みや苦しみがないから毒素もまじらずよいのだと知りました。肉食をしていると短気になるのだとも。「だから私はこんなに短気なんだ~!」と自分が好きでなかった私は納得しました。だからといって、すぐ食べられるようになった訳ではありませんが、合宿形式で教えを学ぶ「練成会」に参加すると、食事にあれこれ文句をつける訳にはいきません。さらに、自分が小さい子のお世話をするようになってからは、食べられない子の分まで食べてあげるのがお世話係の役割でもあったので、少しずつ、食べられるものが増えていきました。まさになさけは人の為ならず。誰かの為にやっているうちに、結局私の偏食も段々よくなっていったのです。

 結婚して、さすがに料理に野菜を入れない訳にはいかないので、やきそばを作ると、同居の祖母と主人に沢山野菜を入れて、私の皿は麺ばかり!というような配膳をしていたものです。(笑)

 そんな私でしたが、肉食が自身の健康の為に悪いばかりでなく、世界中の穀物の3分の一ほどが家畜のえさとなり、それを私達先進国の人間が食べている事実。その反面で食べるものがなく何秒かに一人がなくなっていくことを教えて頂き、愕然としたのです。一番衝撃だったのは、「世界中の2割の人間が、8割の資源を使っている」こと。つまり現在問題になっている環境問題の原因の8割は、2割の先進国の人達にあるということでした。日本人の殆どはこの2割に入りますよね。「私の当たり前だと思っていた日常生活・食生活が知らず知らずのうちに誰かの国を海に沈める事に手をかしていたのか・・・」と愕然としました。でも、同時にこの2割の人が生活を改善していったら、問題の8割は解決していけるではないか!とも気付いたのです。そして、生長の家では全ての人・モノ・事への感謝を教えられていて感謝しているつもりだったけれど、実際の生活は感謝からは遠いかもしれない!?と。

 安いから!と100円均一ですぐ壊れるモノを買うことはモノを粗末に扱っていることになるんだ~! 少しくらい高くても近場の野菜を買った方が輸送費もかからず、CO2も少なく、新鮮だ!賞味期限の古いもの、手前のものから買っていけば、最後に残ってゴミになる食べ物を増やすことがなくて、環境に優しくなるんだ!などなど、いわゆる「賢い主婦」のすべきこと、だと思っていたいろいろな事をもっと大きな視野から見直す機会を与えられました。自分の家庭の財布の大きさで物事を考えるとできないけれど、国の税金も、地球の環境も、自分の財布?の中に入れて考えたら、生活スタイルを変えることを、苦痛とは思わなくなりました。そこから得たものは書ききれないくらい沢山あります。

 ちょっと話がそれましたが、そんな私にとって、肉を一切使わない事は、自分自身の食生活からいって、ちょっと高いハードルだったのです。まず、牛肉はかわない。そこからスタート。次に豚肉を鳥肉に変えてもよい料理は変える。そのせいか、我が家の子ども達は外食すると、ステーキを食べたがりますが、子供に強制するより、私自身がやることが大事だと思うので、それは無理にはいいません。(魚や野菜の方がいいんだってよ~という話はします)

そして!今夜!なかなか手をつけられなかった「大豆でできた肉もどき」をやっと初めて作ってみました。

(これが書きたかったのですが、延々と前書きになってしまいました。)できたらカメラで撮ろうと思っていたのに、ついうっかり食べてしまったので(;^_^A 主人の分をもう一度作った時に撮影して、明日にでもアップしたいと思います。

|

« 夫を拝む | トップページ | 肉なしどんぶり »

環境・エコ」カテゴリの記事

コメント

さすが大先輩のミセス様!もうすでに、しっかりノーミートなんですね。同じ愛知の人の中では、教区大会の話し合いの中でベジタブル曜日と名付けて、お昼に外食する際に、肉なしの日を作ろうという話がでていまして、それと前後して「ノーミート」のブログができていたので、なんと良いタイミングかとびっくりました。
私にとっては、作る方も、食べる方も一番努力を要するノーミートですが、環境に取り組むことで、生活スタイルが少しずつ変化し、それがとってもここちよい昨今ですので、時間がかかっても少しずつ食生活のスタイルも整えていけると思います。食べるものを変える事で平和に貢献できるというのは、とっても心豊かに食べられますね。子ども達にも話してみま~す。

投稿: うっち~まま | 2006年9月20日 (水) 09時20分

ウッチーママさん、ついにノーミートに挑戦されるのですね。私も2年前からノーミートに取り組み、今では牛肉、豚肉、鶏肉全部やめました。最初は出されたものだけは食べていたのですが、だんだん肉の臭いが鼻についてきて食べられなくなってしまいました。特に牛肉は体が受け付けなくなっています。習慣的に食べていると嗅覚と味覚が麻痺していたと思います。本当は動物臭がするのですよ。だから西洋諸国はインドやアジアにスパイスを求めて侵略したという説もありますからやはり肉食と平和の関係は昔からあったのですね。菜食は体にもいいし
心もおだやかになるし、そして何より平和に貢献できます。

投稿: ミセス | 2006年9月19日 (火) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/3416239

この記事へのトラックバック一覧です: 肉食から菜食にむけての練習:

» 環境問題 温暖化 [悩まない通販]
[続きを読む]

受信: 2006年9月13日 (水) 09時38分

« 夫を拝む | トップページ | 肉なしどんぶり »