« 今の中学校は素晴らしい! | トップページ | マイ箸をひろげよう~! »

子ども会の役員

今日は、午後からは学区の子ども会運動会の打ち合わせでした。

3年前にくじで2度も当選して、学区役員となり、1年後にはやり手がなくて、区の役員にもなりました。結構人見知りをする性格だけど、生長の家の活動をしているお陰で、人前で話すことや司会すること、会議や行事の企画運営はあまり苦なくできたため、地元でお役にたつ良い機会だと、取り組んで参りました。

毎年、学区の役員は交代していきます。任期は二年ですが、一年目の役員がメインとなって行事を運営し、二年目の役員がサポートするという体制のため、役員になると、引継資料を読みこなしながら、いきなり、キックベースボール、ドッジボール、運動会、ディキャンプ、綱引き等々の各種行事と毎月の会議の主催者側とならなくてはなりません。

最初は、小学生の子供のいる母親が夜の会議に出席することじたい、びっくりしたし、会議が終わってから行事の打ち合わせをするので、帰宅が夜10時11時となることも当たり前でした。生長の家でやる活動より、まさにボランティアで、さらに常識はずれではないか!?と考え込んでしまいましたが、毎年変わる役員で、仕事をしている人もいるスタッフでは、それくらい時間をかけないと行事は進んでいかないのです。学区役員はべらぼうに大変だという話が親たちの間では流れていて(生長の家の活動に多用で、あまりそういううわさ話に入っていなかった私はそんな事も知らなかった幸せ者です)役員を務める義務を果たせない町内は、学区子ども会からどんどん退会していきます。

というと「大変」なだけのようですが、別の面も見えてきました。名古屋は全国的にみても子ども会はとてもさかんで、さらに中川区は名古屋の中でもさかんなのだそうです。区の役員さんは何十年も前、自分が子ども会のボランティアをしていた時代からやっている方もいらっしゃるし、ご自分の子供さんが子ども会に参加されてから活動されている方もいらっしゃいます。なので、何十年もやっているというおじさまおばさまがいらっしゃるのです。

なので、わが学区も役員さんは現役母達ですが、トップの会長はもうお孫さんがいらっしゃるおじさまです。このように我が子がそこにいなくても、かかわってくれている大人の人がこれだけ沢山いるのだなあ~と、まずそれに驚きました。学校や家庭以外に、地域のおじさん、おばさんとして、結構あれこれと子供達に関わってくださる方がいる地域というのは、防犯上も子供が育っていく環境としても、とても有り難いのだと感じてきました。

それに、球技をするにあたって、異学年の子供が集まってチームを作り、練習します。部活動ほど勝つことに重きをおきませんが、近所の子供で集まって草野球、という時代でなくなった昨今、近所の異学年の子ども達が群れて遊び、楽しい事も厳しいことも、一緒にできる子ども会って、いいな~と思うのです。

そんな訳で、大変でも子ども会の存在というのは地域にとって大切なので、なくしたくないと考えるようになりました。存続させていくためには、役員は大変!という雰囲気を変えることだ、と思い、会議の中で、子ども会の存在の大切さや、自分が役員となった時の親の取り組み方が子供達のこれからの物事に対する取り組み方に影響を与えるのだということを事あるごとに話すようにしています。そして、どうせやるなら、楽しんでやろう!と。

それに、今の体制を少しずつ変えていって、1年目の人でなく、2年目の人が主導権をもってやっていただくことで、役員を楽しむ余裕ができてくると思い、取り組んでいます。

最初は「1年目は大変だけど、2年目はお手伝いだけだからと思っていたのに、そんなふうになったら2年とも大変じゃない」という声を多数頂きました。ごもっともです。でも、少しくらい大変であることは、物事を本当の意味で楽しく取り組む、やり甲斐もって取り組むためにはかえって必要なのだとちらちら表現し、一緒にやろうよ~、と声をかけてきた所、2年目3年目も手伝ってもよいという人が増えてきているのが嬉しい最近です。

お役に立つために地域のお役を引き受けてきたつもりだったですが、中学と同じで、世間知らずの私が、沢山教えていただき、かえって教わる事が多いです。

一緒にお役をしている人の悩みをきくと、生長の家をもっと教えてさしあげたら、良い方向にいくに違いない!と思うのですが、自分がやっていることや、こう考えたら?くらいは話せても、子供の頃から自身が宗教に偏見があり、なかなか伝道できなかったので、もうひとつ踏み込んで話す勇気が湧いてこず、ひっそりと彼女達の幸せを祈っているのでした。

ここを乗り越えたい、自然に、ただ相手の幸せのために自分がどう思われるかをすっかり忘れてしまえる私になりたいです。

|

« 今の中学校は素晴らしい! | トップページ | マイ箸をひろげよう~! »

子ども会」カテゴリの記事

コメント

きょんさん!ありがとうございます。6年ですか!凄いなあ。じゃあ私はまだまだ大丈夫だ!(?)大丈夫、大丈夫。
今日、保育園時代の友達二人と電話で話す機会がありました。ここの所は、「大変ね~」と役職のことを言われると、「まあね~」なんていっていたのですが、今日は練成から帰ったばかりなので、「少しでもお役にたてたらと思ってるし、やってみると楽しよ」とか「地域に子ども会が盛んだということは素晴らしいんだよ」と語っている自分がいました。こっちの私の気持ちがホンモノですね。自然にさらさらと、この素晴らしい教えをお伝えする自分を描いて、出会う人ひとりひとりを拝んでいきます。

投稿: うっち~まま | 2006年10月10日 (火) 22時38分

きっと、ウッチーさんのそのままで生長の家は伝わっていると思いますよ。私も町内の役員は長いことしてました。6年間したと思いますが、その間に直接普及誌を手渡せた方は数人でした。でも、たまたま私が団参で体験談をした時に町内会長さんの奥様が参加されており(生長の家の人でした^_^;)そこから、もっと仲良くなり私のヤングにも若い悩んでいる人がいるからと紹介して下さったり、宮本さんのお宅なら行ってみようかしら・・・ときて下さる方がいたりとよき協力者が現れてきました。町内のお役を精一杯させて頂いてよかったと思いました。本当にお伝えすべき方には自然と勇気が湧いてきてお伝えできますよ。神様に祈ってらっしゃることだし、大丈夫ですよ。神様が良いようにして下さいますよ。

投稿: きょん | 2006年10月 9日 (月) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/3717004

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども会の役員:

« 今の中学校は素晴らしい! | トップページ | マイ箸をひろげよう~! »