« わたしと地球の約束 | トップページ | がんばっている日本を世界はまだ知らない »

僕が部長になれるまで

春休みの生長の家の、小学生の練成会。長男も部長をさせていただきましたが、今回、20名以上の中高生がお手伝いにきてくれました。

その中に、初めて部長をやってくれたIくんがいました。練成会では、小学生の参加者を10数名ごとの班に分け、そこに一人ないし数名の中高生についてもらいます。彼らは小学生と寝起きを共にし、一緒に行事をうけながら、お世話させていただくのです。

その彼、Iくんは、見た目だけでも素朴で真面目で素晴らしいのですが、地元でお世話されているHさんから、お伺いしたお話しを聞いてより感動いたしました。

Iくんは、昨年冬休みの中学生練成会に参加。感動して「今度は小学生の部長をやりたい」と言っていましたが、何故だかこられませんでした。そして、今回初めて春の小学生練成会の部長さんをやってくれたのです。

何故先回こられなかったか、といいますと・・・・。

H青年は元々練成会へのIくんのお兄さんの送り迎えをしていらして、続いてIくんもお兄さんに続いて参加されたのですが、送って帰ると、必ず奥座敷に通され、お母さん、おばあちゃん、Iくん兄弟、Hさんで、机をはさんで座り、練成会の反省会をするそうです。(スゴイ!)そこで、Iくんは「部長をやりたい!」とご両親にお願いしたそうなのです。が、親御さんは「お前にはまだまだ早い!これからの生活態度をみて、やらせられるか決める」と止められたそうです。そこで、Iくんは、毎日神想観という生長の家の瞑想法を毎日実修し、頑張りました。その他、3ヶ月あまりの生活態度をみて、今回彼は部長をやるのを許されてでてきた、という事でした。

何でも簡単に許すばかりが教育ではないとわかっていても、そのさじ加減は、なかなかうまくできないもの。Iくんのご両親の姿勢に感服いたしました。そして、毎日の努力の上で、一切ボランティアである部長さんを2泊3日間、頑張ってくれたIくんを尊敬のまなざしでみつめました。彼には、「僕が部長になれるまで」という手記を書いて貰いたい~!そして、息子はじめ、青年の皆に発表したいと思いました。

|

« わたしと地球の約束 | トップページ | がんばっている日本を世界はまだ知らない »

信仰」カテゴリの記事

生長の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/5980024

この記事へのトラックバック一覧です: 僕が部長になれるまで:

« わたしと地球の約束 | トップページ | がんばっている日本を世界はまだ知らない »