« がんばる子ども達 | トップページ | お月見の日に »

誰でもできる

自分がいないといけないとか
自分が何とかしなくてはいけないとか
思いすぎていたな~
私の2年あとに、昨年度と今年度、学区をまわしてくれている役員さん達と、定例会の後、来年度の話し合いを居酒屋で致しました。

「やったことは、はたして良かったのかなんて思わなくて言い
それで良かったんだよ!」

「誰がやっても、ちゃんとまわっていくんだよ」

と私が降りてはならないと思っているのを知って、言ってくれます

う~ん、そんな風に思ってなかったな~。

そうなんだ~。前向きだ~、ひっかかっているのは私だ~
あなた達はとっても光明思想だね
だから、こんな大変なお役でも、どんどん新しいことを取り入れられるんだね

いやあ、尊敬します。

私は期間を決めて、祈ってみよう。
それから、心から放してしまおう~

|

« がんばる子ども達 | トップページ | お月見の日に »

子ども会」カテゴリの記事

コメント

yutaka★hajime^^様

委員長の器でない、と思っていらっしゃる方の方が委員長らしいのかもしれないですよ♪
トップにたつということは、そこからの景色をみていらっしゃるということですものね。主人も委員長を経験させていただき、現象的に苦しいことも多かったですが、お役を与えられるということで、大きな魂の財産を頂きました。
何かの形でご恩返したいと、今あるお役を引き受けています。

投稿: うっち~まま | 2007年9月25日 (火) 22時21分

うっち~まま讃、読んで下すって、ありがとう☆^^

ちなみに僕は、おしゃべりや、話し自体は、大好きです。
でも、大勢の人前では緊張して、頭ん中が真っ白になるし…、^^;
委員長の器でない事も、よくわかっています…。

でも、委員長は、面白かったですよ。^^
苦しい事も多かったけど、神様からいただいた自壊作用だし、すべてを喜びに変えて、自他の生長の糧にできる術を、すでに与えられている事を知っているので…。

だから、特に理由がなくても、人生が楽しい☆^^

迷っても、間違っても、いいんです…。
肉体人間としては…。

でも、それは、ただの通過点なんです。
神の子である限り、人生は自ずと成功が無限に連続していて、その一つ一つの成功の素の中に、たまたま、失敗や間違いが混じっているだけなんです。

僕には、光明実践委員や地方講師補の資格はないけど、話す相手に理解していただく事は、言葉を行使して物事を進める上で、中途半端にできない事の一つだと思っています。

言葉は、コミュニケーションの基本ですから、大調和の基礎でもあります。^^

投稿: yutaka★hajime^^ | 2007年9月22日 (土) 00時08分

yutaka★hajime^^さんのブログの
『 「ねばならぬ。」 を捨てよ!』 のページを読ませていただきます!

投稿: うっち~まま | 2007年9月21日 (金) 08時12分

yutaka★hajime^^様

>『 「ねばならぬ。」 を捨てよ!』 なんですよ☆

そうなんですよね。
何度も何度も聞いていて、捨てたつもりが、気が付いたらしっかり又掴んでいるなあ(笑)


>だから、良い事は、素直に喜んで終わり。
>悪く見えてしまった事も、その中から成功へのカギ>を導き出して、正当化し、賛嘆して、闇に光を与える。


悪は本来ないけれど、現象的には、これはそのまま流してしまってよいものか、という迷う出来事が起こりますよね。
それはありえないでしょう、というような出来事が起こった時に、自分が今の立場から、さらさらと流してしまってよいものか、どうすべきか、この頃ずっと判断に迷っています。

役員内の不倫であったり、(勿論青年会ではありませんが)周囲に嘘をついての役員就任であったり。

遠くのほうでなく、私の関わるすぐそこでそういう状況をみるとき、裁かないで、でも私が言うべき事は言い、すべき事はすべきなのではないか・・・と。

あっ! でも結局心の中で裁くから、言えないでいたり、動けないでいるだけなんですよね。本当に拝めたら、言えるんでしょうね~。

投稿: うっち~まま | 2007年9月21日 (金) 08時11分

以前、僕のブログに日記としてアップしましたが、

『 「ねばならぬ。」 を捨てよ!』 なんですよ☆

良い事にこだわったら、執着になる。
悪い事にとらわれたら、自己嫌悪になる。

執着は、それを基準として相手や物事を見てしまうから、基準にそぐわないと、相手を批判してしまい、悪の存在を創り出してしまう…。
自己嫌悪は、自他一体の法則により、自分を否定し、相手を責める原因となってしまう…。

だから、良い事は、素直に喜んで終わり。
悪く見えてしまった事も、その中から成功へのカギを導き出して、正当化し、賛嘆して、闇に光を与える。

「受けた恩は石に刻め、施した恩は水に流せ。」

ですよ☆^^

投稿: yutaka★hajime^^ | 2007年9月21日 (金) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がんばる子ども達 | トップページ | お月見の日に »