« 無買デーって知っていますか? | トップページ | 欲しいと思ったとき・・・・ »

ツバルの人々から学ぶこと

ゆきえさんから、ツバルの人ってどんなくらしをしているのかしら、とのお言葉を頂いたので、記憶と自分のノートを元に書いてみようと思います。

Tuvaluai03 ツバルです。この国の人々は、サモアから2000年くらい前からこの地へきたのですって。

自然の中で、人々は自給自足の生活を送っていました。

自給自足だから、働くとは、自分たちの食べ物をとること。それが仕事。海でその日に家族が食べるだけの漁をして、畑でタロイモを育てて食べて、あとはダンスなどをして楽しみます。南の島のカメハメハ大王のようです(笑)

なので、まず食べることが大事。生きていくことが大事。例えば、とりたての魚を、海水でさばきます。ココナツの白い果肉を魚にはさんで食べると、魚臭さがなくなるんですって。暑いので、海に体をつけたまま、食べるというのが、ツバルのファーストフード。

ツバル人は立ち泳ぎのスタイルのまま、8~10メートルは素潜りできるので、もりで魚をついてとる。近年は、モーターボートで網を引いてマグロなどをもつります。

20人くらいが一家族になっていて、一家族が食べるくらいしか魚はとりません。たくさんとれたら近所に配りますが、乱獲しないので、魚が採れなくなるということはありません。

ココナツ椰子の実のジュースが飲める。茶色になると、割ると白い実がとれるとココナツミルク
茶色の中身は煮たり焼いたりして食べられる。殻は乾かして、マキにする。

島の人は器用な手さばきであっというまに、椰子の葉でカゴを編み、買い物にも使いますし、パーティーの時の食べ物を入れる器としても重宝します。使えなくなっても、燃やしたりしないで、畑に捨てるのです。そうすると、それが土に戻って椰子を育てる肥料になるのです。

そして、何をするにも楽しむという文化が根付いています。なので、島の人達はダンス競技会などをして楽しみます。競うというより、ダンスすることそのものを楽しむのだそうです。

ツバルのひとびとの生活からは、CO2は出ないのです。そして、ゴミというものもでない。みんな循環している。ある意味江戸時代の日本と同じだ~!と感じました。

ココをみて頂くと詳細がもっとよく分かります↓

http://tuvalu.site.ne.jp/ 


そんな生活にがかわってきたのは、温暖化による海面上昇で

珊瑚の上に、土ではないけれど、堆肥が土になったような層があり、そこで作物は育つのですが、海面上昇によって、地面から海水がでてくるようになってからは、水が引いても塩が残るため、作物がそだたなくなり、タロイモは20~30年まえからは作れなくなっています。

そうなると、自給自足ができなくなり、外国からの輸入品がはいってきました。が、それらには、ビニール製品を始めとした様々な土にかえらないゴミがでてきました。島には焼却炉などはなく、それを作る設備もないため、(重機なんかもってこられないし)島の一カ所にゴミの山となって捨てられています。ゴミ問題は深刻です。

年々大潮の時の潮位はあがって、50年ほど前までは真水もでたそうですが、それ以後はでないので、今は水は雨水。雨が降ると、まず洗濯物を入れて、次にバケツをあちこちにセッティングし、そして、自分の体を洗う(シャワー)します。





ツバルの人達の暮らしを学んでの究極の判断ポイントは、「それがないと生きていけないか?」


です。これは、強烈ですが、一度ここに立つと、いらないけど、なんとなく手にいれているものが、見えてくる気がします。

私は、結構、沢山ストックがあると安心するタイプの人だったんです。収納場所を沢山つくることで、家の中が整理できると最初は思っていたのですが「自分に本当に必要な適量」というのを、環境問題に取り組むようになってようやく考えるようになりました。

この「それがないと生きていけないか」は、

食べることだけではなく、精神的な部分も含めてですので、例えば、聖経・聖典は絶対欲しい!ということになります。でも、洗剤は、トイレ用・風呂用・洗濯用・食器用、など事細かに別のものが必要か、着替えはそんなに沢山必要か、コンタクトレンズと眼鏡は両方ないといかんのか、と、もっているものやこれから買おうとしているもの、ひとつひとつに問いかけることができます。

何となく路上でうけとるティッシュペーパー、こんな質のよいものを無料で配布しているのは日本くらいだそうですが、これを受け取る人がいるから配られる。何となく頂いていましたが、自分の生活習慣を見直すために、本当になくて困っているとき以外は貰わないようにするようになりました。

ミスター○ーナツなどのお店でもサービスとして紙ペーパーなどがついてきますので、「ゴミになるので、つけないで下さいますか」と、申し出ます。店員さんに「つけるのがサービスだとは限らない」と認識してもらえるチャンスだからです。

頂いたものでも、家に同じ用途のものがあったら、その新品をだれか使って下さる人にお渡ししたらいい。

今までの習慣を見直して、実はそんな当たり前のことがやっと、できるようになりました。




便利と手軽さに心が向いてどんどん物をもったけれど、かえってその整理整頓ができずに振り回されていると感じるようになっていた私には、ツバルの人達の生活が、古いようで、実は一番人類の最先端先をゆくのではないか、などと思ったりもします。

服のことだけ考えても、沢山もっていると場所もとるし、メンテナンスも大変だし、衣替えも手間どるし、その場所と時間をもっと有効に使いたいと考えています。

買わない、のでなく、本当に必要なものを、長く使えるモノを、自分が大切に使いたいと思う物を、高くても側に置いて生活できるスタイルにしていきたいです。

|

« 無買デーって知っていますか? | トップページ | 欲しいと思ったとき・・・・ »

環境・エコ」カテゴリの記事

コメント

yutaka☆hajime^^さん
いろどりひかる☆様

そんなに喜んでいただけるとは、びっくり&嬉しいです。
ツバルについては、記憶が確かなら・・・2004年の全国大会でお話しを伺って衝撃をうけました。

ツバルの方々の生活を脅かしている原因の80%を作っているのは、20%の先進国の人間で、その中に自分が入っているということに。

自分が原因だから、自分が解決できる、という点にはもっと感銘をうけました。


ただ、それから私は、ツバルの方々に対して、加害者意識があったんです。

でも、今回、平和環境セミナーに参加させて頂いて、そんな気持ち以上に、島の方々の生活や生き方に、心から尊敬と感動を覚えました。


セミナーに参加して大きく見方が変わった点です。

>>前述のような僕に役立つ智慧はないものでしょうか??

もうとっくにご存じかもしれませんが、私がやっていることをブログで書いてみますね。

いろどりひかる☆さま、これでよければどうぞリンクしてくださいませ。私もいろどりひかる☆さまのブログの記事を紹介させて頂いております(^人^)
 


祐輝&篤志様

定期的にライフスタイルチェックができるといいですね~。

そして、どう人生を生きたいかの問題になるなあと思います。
自分はどうしたいのかと考えると、本当に美しく生きたいという願いが湧いてきます。

よっしーさん

>>職人さんが心を込めて一つずつ作って下さっている物をもつことがいいのかな~と<<

それ、私も考えますね~。

あと、誰でもそうだと思いますが、安くても自分が気に入ったらきっと最後の最後まで使うでしょう。
子供や主人は、気に入った服だと、いつまでもやぶれても着ようとします。「安いから」「お買い得だから」「今買わないとソンをする気がするから」のでなくって「すご~くすご~く好きだから」「これだったら、きっと着続けられる、使い続けられる」と感じる物を手に入れる、そんなことを考えます。
あ、でも「お得だから」は主婦の専売特許かもしれないですね。(^_^;)

投稿: うっち~まま | 2007年11月23日 (金) 21時05分

うっちーさん
こんばんは。
必要なものだけ持っていればいいですよね。
以前より、物ならば、それなりに高くて、長持ちするもの。そして、職人さんが心を込めて一つずつ作ってくださっているものを持つことがいいのかな~と思っています。
いわゆる、本物志向。そうすると飽きも来ないし、大切にしようという思いがでますよね。

投稿: よっしー | 2007年11月23日 (金) 19時39分

身の回りには、物が溢れているようです。
改めて「それがないと生きていけないか」の観点からも見直したものです、ツバルの人々のためにも。

投稿: 祐輝&篤志 | 2007年11月23日 (金) 14時30分

これは、すごい!すごいレポートですよ、うっち〜さん!
感動してますよ。

>「それがないと生きていけないか?」
目からウロコでしたよ!素晴らしい!!

>ツバルの人達の生活が、古いようで、実は一番人類の最先端先をゆくのではないか、などと思ったりもします。
同感です!

素晴らしい!感動をありがとうございます!
近々、こういうテーマで書きたいと思っていたので、その時は記事内リンクさせてくださいね〜。

投稿: いろどりひかる☆ | 2007年11月23日 (金) 12時44分

すっげェ~、良いことばかりの記事に感動いたしました。

同時に、「うん、そうだ。その通りだ!」 という事も沢山感じました。

僕も、物を買いあさって沢山集めてしまい、現在、家の中に溢れすぎて片付かずに困っているところでした…。 ^^;
さらに、中途半端なeco知識が、これらを整理整頓することによって出てしまうゴミの大量さをみじめな気持ちにしてしまって、整理整頓が上手く行かず、余計な悪循環を繰り返してしまっています…。(トホホ…。)

今日の、うっち~まま讃の記事は、これからの僕に大いに役立ちますが、前述のような僕に役立つ智慧はないものでしょうか??

しかし、素晴らしい感動をいただきまして、心から感謝申し上げます。

うっち~まま讃、ありがとう☆^^

投稿: yutaka★hajime^^ | 2007年11月23日 (金) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無買デーって知っていますか? | トップページ | 欲しいと思ったとき・・・・ »