« ツバルの人々から学ぶこと | トップページ | 今日の嬉しいことあれこれ♪ »

欲しいと思ったとき・・・・

yutaka☆hajime^^さんより

>>物を買いあさって沢山集めてしまい、現在、家の中に溢れすぎて片付かずに困っているところでした…。 ^^;
さらに、中途半端なeco知識が、これらを整理整頓することによって出てしまうゴミの大量さをみじめな気持ちにしてしまって、整理整頓が上手く行かず、余計な悪循環を繰り返してしまっています…。(トホホ…。)

今日の、うっち~まま讃の記事は、これからの僕に大いに役立ちますが、前述のような僕に役立つ智慧はないものでしょうか??<<というコメントを頂きました。

実は、

私も昔のあまり良くない習慣から、物を持ちすぎています。現在改善途中、進行形ですが、数年前より、実行していることをちょっとご紹介します。

私の場合、物を買うまでの道のりを変えてみました。

「コレ欲しいな~、と思ったとき」


①今まで1回欲しいと思うと買っていたのを、3回「必要だな」「欲しいな」と同じことを思う機会があるまで買わないことに、決めています。



②そして、3回欲しいと思ったら、家の中にそれと同じ用途のものがないか、考えます。つまり、代用品ですませられないかということです。なくても、それを欲しいと思った動機に立ち返って、動機を満たす他の方法を考えます。


注:何かを欲しいと思ったときは、「もの」が欲しいのでなく、その物の持つ「機能」が欲しいときが多いんですよね。ストーブが欲しいと思ったけれど、それはつまり温かさが欲しい訳です。では、ストーブを買わなくても温かくなる方法はないか、と考えると、厚着・部屋の断熱など色々アイディアがでてきます。




③代用品も他の方法もうかばなければ、いよいよ買います。まず、自分が何をしたいのかをはっきりさせます。品質をしらべ、例えば電化製品なら、長く使えるか、自分の使いたい用途以上にいろいろついているものもあるけれど、自分に必要な機能がついていればよしとするなど、自分が求めている事を満たしてくれるものを探します。その際、使用時に出るCO2もやはりちょっと考えます。あとランニングコストもね。

失敗談:私は10年前、家を新築した際に、エアコンを買いました。当時最新式の省エネのものです。でも、エコを意識する以前に、私はエアコンが好きでないため、夏にエアコンを使用するのは、来客時の数回です。となると、省エネエアコンである意味があまりありません。そして「最新式のもの=高い」ということは、エアコンを作る時点で結構CO2が出ているということにもなります。たまにしか使わないエアコンだったら、20万円近く出して最新式を買うより、数万円で買える旧式のものでよかったんだということを思いました。


車でも、プリウスを作る方が普通車を作るよりCO2は排出されるんですって。だから、ある程度走らないと、作ったときに出たCO2とその後に使用した時のCO2排出量との合計が、普通車に優ることにならないのです。

④これだ!と決まったら購入しますが、家に届くまでの物の移動にかかるCO2もちょっと考慮します。
これは、必要なものを買いにあちこち探し回る時間と手間、そしてその移動で排出されるCO2と、通販で配達して頂くのにかかるCO2を、天秤にかけます。あ、でも正確なはかり方まではまだ習得していないので、これは、自分の感覚ですけれど。

こんな風にいろいろと考えることを習慣づけることで、欲しい物を実際買ってしまうまでに、いくつかの「心の関所」ができるので、結構③の代用品や、それ以外のアイディアで事がたりる場合もでてくるようになりました。

「家にあるコレで事はたりるじゃないの!」という事を発見したときは、

ちょっとおりこうさんになった気分と、

新しく買わなくてよくなって、お財布の中身がへらないお得感、

そして、ちょびっといいことしたような満足感が味わえるのです。

これらの方法は自分を自分自身の目標とするところへ導いていく、「自己マネジメント」を教えていて環境ジャーナリストでもある、枝廣淳子さん(光の泉6月号に確かでていらっしゃいました)の本を読んだり、辰巳渚さんの「捨てる」などという本を読んで、これ!素晴らしい!という方法を、適当に自分の中でミックスしてしまったものです。元々収納の本が大好きで、そこからあれこれと広がっています。

でも、こんな面倒くさい(いえいえ細かく考えて素晴らしい?)ことができるようになったのは、やはり、生長の家副総裁谷口雅宣先生が、資源と環境と平和は密接に関連していて、私達の小さな実行が、世界平和に繋がるのだと教えて下さっているからです。小さな実行に、大きな意味をもてる。

そして、谷口雅宣先生ご自身が日々、その重要性を私達に伝えようと、ものすごく工夫され、表現をする努力をされ、ご自分が何より実行されている姿勢をブログ等と通して感じさせて頂く度に、私もそのように・・・・と思うのでした。

|

« ツバルの人々から学ぶこと | トップページ | 今日の嬉しいことあれこれ♪ »

環境・エコ」カテゴリの記事

コメント

きょんさん

コメントありがとうございます。
ちょっとでも、お役にたてたら嬉しいです。

もっと、わかりやすく伝えられたら・・・・というのがもっぱらの私のテーマなので、このブログで書いてみると、自分が整理できるし、発信にもなるし、いいことばかりです。

投稿: うっち~まま | 2007年12月11日 (火) 09時28分

素晴らしいですね~。ツバルの人々から学ぶ事といい、この記事といい、とても勉強になりました。何時も、有難うございます。

投稿: きょん | 2007年12月 9日 (日) 20時29分

祐輝&篤志様

>大掃除の時期です。・・・エコに努めつつ、

そうですよね。

大掃除にあたって、一度は必要かもと考えている、痛みを伴う「一度思い切って捨てる」作業を実行してみようか、う~ん、と思案中です。

投稿: うっち~まま | 2007年12月 2日 (日) 15時38分

確かに、明治・大正・昭和の時代に比べますと、物に囲まれて過ぎて生活していますね。・・・そろそろ、大掃除の時期です。・・・エコに努めつつ、新年を迎える準備に取り掛かりたいものです。

投稿: 祐輝&篤志 | 2007年12月 2日 (日) 14時12分

yutaka☆hajime^^さま

ついつい、書き始めるととまらなくて・・・・長々と失礼いたしました。(^_^;)

決して私は掃除好きとはいえませんが・・・・・より楽に、楽しく、家の中が綺麗になったらいいな~なんて思いながら、(なんという都合のいい!)収納の本を読むのが好きですね~。


>>それでも出てしまうゴミは…、目一杯の感謝の気持ちをこめた祈りをして、思い切ってゴミとして出します…。


そうそう、一度思い切って捨てる!というのもいいそうですよ。その捨てる痛みを味わうと、今度は簡単に買わなくなるので、まず思い切って捨てましょう。と「捨てる」という本に書いてありました。私はまだここまでは出来ていませんけれど・・・

投稿: うっち~まま | 2007年11月26日 (月) 19時27分

わかりました~~~!!

わざわざ、ひとつの記事にまとめていただきまして、ありがとうございます☆^^

うっち~まま讃は、とっても優しい方ですね。

過去の失敗のせいで出てしまう大量のゴミは、再利用を優先にして消費を少なくすれば良いのですね。
そのためには、やっぱり、ちゃんと整理整頓して何を持っているかを再認識する必要がありそう…。 ^^;
それでも出てしまうゴミは…、目一杯の感謝の気持ちをこめた祈りをして、思い切ってゴミとして出します…。

うっち~まま讃のような、整理整頓や掃除の好きなお嫁讃って、いいですよね~~~。

投稿: yutaka★hajime^^ | 2007年11月24日 (土) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバルの人々から学ぶこと | トップページ | 今日の嬉しいことあれこれ♪ »