« 研修会で、環境セミナー!? | トップページ | いりそうでいらないもの »

倉庫整理

この所、ちょくちょくと教化部にある青年会の倉庫整理に行かせて頂いています。

きちんとファイルされた会計資料やアルバムをみると、「おお~!すばらし~」と片付けの手がとまってしまうのでいけませんが、長い歴史と先輩方の思いに温かい思いで満たされながら、処分すべきものは処分!と、振り分けております。

そんなことをしていて思うのは、最初に作成するとき、あとで見る人のために、かたづける人のために、と後のことまでちょっと考えると、トータルでその仕事にかかる時間が短縮されるな~ということ。

保存期限の終わった資料をファイルからはずして、資源ゴミとしてだすと、残るのは立派な作りの分厚いものが10数個。それから、わりかししっかりした厚紙の表紙のついたファイルが20ヶ以上。

まだ片付けは終わっていないので、まだこれからもでそうです。

ファイルはまだまだ使えるな~と思う。

保存される期間はきまっているのだから、これをこのまま処分するのでなく、次の保管に使い、保存する期間分だけのファイルの数をもっていたらもう、しばらく購入する必要はないな~っと思ったけど、期限がすぎたものを処分するという作業ができてなかったので、ファイルだけが沢山残っている状況な訳です。(^_^;)

でも、しっかりしたファイルに入れなくても、お菓子の箱を切った厚紙にパンチで穴をあけて、ひもをとおせば、処分する期限がきたら、ひもだけ抜いたら、さっと資源にだせる・・・・・これが一番、楽で、購入する必要もないじゃないよね~というところに行き着きます。

これは、結局母が会社でやっていたこと。なので、両親の会社では、書類を保存するファイルなんぞは買いません。すべて菓子箱等で作った表紙なんです。

これも貧乏くさいな~なんて、思った時期がありましたが、一番無駄がなく、処分するときのファイルの量に頭を悩ませることもなく、捨てる箱をファイルにするからゴミも最小限。

シンプルっていいな~

|

« 研修会で、環境セミナー!? | トップページ | いりそうでいらないもの »

生長の家」カテゴリの記事

コメント

しじみさん

みんなでやったら、処分するときに楽なように・・・無駄がないように、って考えられるかもしれませんね。

今日は下の小学生二人に時給100円でアルバイトをしてもらって、一緒にやりました。

表彰を頂いた「たて」は写真に撮ってから、生長の家の資料がおいてある部屋へもっていく予定ですので、その写真撮影。

写真は、今の半分の量にする予定ですが、アルバムが倉庫の中にあり、信徒さんが普通にみられる訳ではないので、勿体ないな~と。青年会の歴史を普通に閲覧できたら、大先輩の白鳩会の方も相愛会の方で、青年会から活動している方は沢山いらっしゃるので、悦ばれるだろうな~とか。そのものがどこにあると生きるんだろうか、ということを考えます。

投稿: うっち~まま | 2007年12月 8日 (土) 20時56分

昨日、私も教化部で皆さんと一緒にロッカーの整理をしてきました。
いろいろ考えさせられました。
印刷部数を考えようと皆で反省。

うっち〜まま様のいろんな工夫。
とても参考になります。

投稿: しじみ | 2007年12月 8日 (土) 15時45分

祐輝&篤志様

はい。本当は、自宅にシンプルを実現したいので~す。


takeuchiさん

>>ヤングで毎月出すおたよりの封筒をすべてリサイクル封筒にしようと思っています。メール化できるものもあるけど、人の心をつなげるにはやっぱりお手紙やハガキも大切な部分があるし。封筒はやっぱりどんなにメールが普及しても私たちの活動には必需品。


賛成です。私個人としては、封筒を裏返して作り直し、消しゴムで作った「リユース」ハンコを押して使っているのですけれど、教区の事務局の場合は毎月郵送する数が膨大なのと、大きな封筒でないと困るところもあり、実現はできていませんね~。もうちょっと智慧をしぼってみます。

>サイズがばらつくため、現在のように封筒に印刷をすることはできないけど

こちらは住所はタックシールなので、どんな封筒でも大丈夫ですよ、そっか~。なら部分的にでも、手作り封筒にしたら、いいですよね~。ちょっと提案してみます。

投稿: うっち~まま | 2007年12月 6日 (木) 16時58分

うんうん、ほんとそうですよね!私も早速自分の資料整理をしたいと思います。思い出がたくさんあってなかなか捨てられないけど、ファイルではなく空き箱で表紙を作るのは名案です。
今、ヤングで毎月出すおたよりの封筒をすべてリサイクル封筒にしようと思っています。メール化できるものもあるけど、人の心をつなげるにはやっぱりお手紙やハガキも大切な部分があるし。封筒はやっぱりどんなにメールが普及しても私たちの活動には必需品。今までならリサイクル封筒は失礼にあたったかもしれないけど、今はちがう。新しい封筒を使う必要のある場合ももちろんあるけど、組織内の伝達のためには不必要。ひとつひとつ手作りの封筒の方が心もこもるかも。
機関誌の入っている封筒などを裏返しにして作ったり、しっかりめの広告で作ったり。見真会などでもどうしても封筒を使用することになってくるので、A4やB5サイズもつくろうかな・・・とか。ヤングさんの協力を得てたくさん作れれば、青年会にも使ってもらって、青年会からだす封筒は全部リサイクルにしたいな!サイズがばらつくため、現在のように封筒に印刷をすることはできないけど、昔使っていたゴム印に再度登場していただきましょう!これならパソコンを高度に使えない人でも大丈夫!お手伝いいただけますしね。・・・とはいえ、まだまだかけだしです。

投稿: takeuchi | 2007年12月 6日 (木) 11時20分

やはり、原点は、「シンプルイズベスト」ですね。

投稿: 祐輝&篤志 | 2007年12月 6日 (木) 07時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研修会で、環境セミナー!? | トップページ | いりそうでいらないもの »