« 田植え誌友会 | トップページ | ジョン・ギャスライトさん »

母の日の生命学園・誌友会

日曜日は、生命学園でした。最近は主人も手伝いに来てくれるようになったので、私が子ども会で欠席しても、小学生の子ども達が参加できて、嬉しいです。あなた、ありがとう~♪

クッキーを作ると知っていたので、子ども会の行事がおわってから楽しみに、教化部にいくと、カーネーションの花束とクッキーと、手紙を二人からもらいました。

次女は

「いつもありがとう。ゆうたくん(幼児さん)と作ったので、4.5ヶしかあげられません」と

・・・いえいえ、それで充分です。さすが仕事の丁寧なみのりさん、とっても綺麗な形に作ってありました。

次男は手紙ではありませんでしたが、クッキーが2つはいっていました。

「ありがとうね」というと

息子、

「あのね、先生に食べいい?って聞いたら、いいよっていったので、食べたの」

やっぱり(笑)・・・・

「チョコチップ好きだからそればっかりになっちゃった」ですって。

そうだよねえ。きっと自分が食べられると思って、楽しみに作ったんだよね。いつも、兄弟一緒にお菓子を食べるとき、一人○個ね、と決めてもうっかり食べてしまう次男くんが、2つも私のためにおいておいてくれたことは快挙です。嬉しかった。

そして、

生命学園と同じ時間に、長男は中学生の誌友会。

私が家にいられないので、お菓子や飲み物を持たせて、教化部の部屋をお借りしました。

後できくと、新しい子が二人も来てくれたそうです。場所を変えたのにどうしてだろうと思ったら、

土曜日にジュニア友の会の会議に行ったとき、会議の後で、名簿にかいてある中学一年生の人何人かに電話でお知らせしたのですって。

その時は、誰も「行けます」と言ってくれた人はいなかったそうですが、当日になったら、二人も参加!

長男は凄いなあ・・・と感心しました。

そもそも電話、嫌いなんですよね。なのに、何人に電話したのかなあ・・・

それに、何故か彼が動くと、すぐ目に見える形になるんですよねえ。

それに、私が何年かかっても、ジュニア友の会の時代に、なかなかできなかったことを、いとも簡単に、やってしまう。

私の彼への伝道は 「どこへでも連れて歩く」  それのみでしたが、

これは、生命学園のお陰だなあ、青年会の担当してくださるMさんのお陰だなあ。と、こうやって何かある度に、沢山の方に育てていただいていることを感じます。

ありがとうございます。

|

« 田植え誌友会 | トップページ | ジョン・ギャスライトさん »

生長の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/20917540

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日の生命学園・誌友会:

« 田植え誌友会 | トップページ | ジョン・ギャスライトさん »