« よみきかせ その2 | トップページ | いのちを守るドングリの森 »

ちょっと落ち込んだ時

なんとなく、体と気持ちが重かった cloud

きっと、体重が増えたから・・・・でも、あるのだろうけど、sweat01

こういうときは、自分のことばかりに気持ちがいっているとき

だから、家の前を掃除するついでに、

近頃、気になっていた、そのむこうの高架下の通路を掃除しました。

草をむしり、吸い殻、弁当箱、得たいの知れないゴミ袋??、空き缶

空き缶には、大体、吸い殻が入っているので、勝手口付近にいつも私は、缶切りをおいています。それで、少しきりとって、吸い殻をだします。

そんなこんなで1時間

通路も綺麗になって、私も気持ちも、ちょっと、すっきりしました~ sun

動くっていいですねえ

Photo

|

« よみきかせ その2 | トップページ | いのちを守るドングリの森 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うっち~まま様
お久しぶりです!
なんとなく体と気持ちが重いとき・・・
そんな時に清掃奉仕や読み聞かせで頑張っているうっち~まま素晴らしいです。

実は、私は昨年一年がそうでした
子供のクラスのお母様が突然自らいのちを絶たれ・・特別仲のよい方でもなかったのですが何も出来なかった自分を責め・・・そうこうしているうちにその落ち込んだ気持ちから抜けきれず何をするにも重たくて・・・
そこから脱出したくて本来の私を取り戻すために一日中「ありがとうございます」と唱えたり、講話のテープーを聴いたり、自分をポジティブに持っていく努力を一生懸命してました。
「私、なんだか、とってもきついの」っていうとそんな私に身近なヤングさんが「それはね、休めってことよ」と言ってくれ心救われた事がありました。
そんな昨年も、実際には幼稚園の役員、小学校の役員、子供の習い事のスポーツクラブのお手伝い、大好きな生長の家の活動は現実にきちんとこなしていくべきものはたくさんありましたので・・・
少しでも時間があれば何かしないと!という衝動にかられてしまう・・・俄然、頑張り屋の私でしたから、とても心が開放されました。
その時は、お昼間でしたが講話のテープを聴きながら少し横になりました。
神の子無限力ですが・・・体を休めるのも大切だなぁって実感した時でした。

その経験で私が学んだ事は執着心を取ることの大切さでした。
悩みを聞いたら「何とかしてあげたい」と深く思ってしまう私には、今後、必要な学びでした。
愛とは放つこと
皆、神の子だから大丈夫!
神様にお任せすること
そのことを学びました。
1年間きつかったけど今となってはいい経験でした。

無理しないで下さいね
何時も、神様と心ひとつのうっち~ままですから・・・・大丈夫!
そんな時は、ゆるりゆるりといきましょう~

投稿: きょん | 2008年7月18日 (金) 02時00分

コメント頂いていたのに、停止状態でごめんなさ~い!


yutaka★hajime^^さん

う~ん、素晴らしいコメントありがとうございます。yutaさん
そうなんですねえ。

無限の感謝!!これでいこう!!shine


TAさん

はい!考えてばかりいるより、動いた方が先に進む感じがします。

>学生の頃、高校、予備校、大学の頃よく走っていたなぁと

ホント、よく走っていらっしゃった!
私も違う意味で走らないとですね・・・・夏がくるまえに
 ( ̄▼ ̄|||)

このお話し、愛行した方がいいと教えてくださったのは、若かりしころのTAさんでした。
落ち込むと思い出し、実行しています。
改めて感謝です。happy01

投稿: うっち~まま | 2008年6月27日 (金) 08時46分

 愛行、お疲れ様でした。
 動くって本当に良いことですよね。私も自分の体調管理もあって、朝、ランニングを始めました。(歩く機会がこの1年、激減したものですから…)学生の頃、高校、予備校、大学の頃よく走っていたなぁと思い出します。

-TA

投稿: TA | 2008年6月20日 (金) 12時27分

まさに感謝行ですね。happy01


浄心行で懺悔できても、他への無限の感謝に昇華できないと、辛さを乗り越えて大いなる悦びにならないのよね…。coldsweats01

投稿: yutaka★hajime^^ | 2008年6月17日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/21683958

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと落ち込んだ時:

« よみきかせ その2 | トップページ | いのちを守るドングリの森 »