« 市長さん ドイツへ | トップページ | よみきかせ »

新ニッポン人

戦争映画があまり好きでない私の要望に応えて、主人がチェンネルを変えてくれたら、久米宏さん司会の、『新ニッポン人現る』という経済番組がやっていました。

久米さんはあまり好きではないけれど、久米さんご自身が好きでない企画だ、と言われたので、「ん?」と思い、みてみることにしました。


今の20代日本人は、お金をつかわないといううわさを検証していく経済?トーク?番組。


消費をしない「ワンマイル族」と呼ばれる若者。(何故そうすぐ名前をつける?とは思いましたが・・・笑) お金をあまり使わないで、貯蓄をする。それも、買いたいもののために貯蓄するのではなく、何かあったときのため、ですって。もうすでに貯蓄がライフスタイルらしいです。


自分の部屋が一番落ち着くから、休日は自宅のお気に入りの座椅子にすわってすごしたい、というお兄さんがでていらっしゃいました。

年収が少なくても、毎月数万円貯金


そして、それはお金がない人だけでなく、株でもうけて、資産、数百億円?という20代男性も同じで、「お金を使うことが楽しくない」そうです。食事も、その辺の立ち食いソバ屋で充分早くて美味しいですと。


そうそう、ある人達はゴールデンウィークには、海外旅行なんかにはいかないで、会社の友達と都内で公共交通機関をつかって鬼ごっこをしていましたよ。これは、楽しそう!私もやってみたいと思いました。



20代から、老後の備えをするという話しには、ええんかいな。という思いもありましたが、みているうちに、やっぱりすごいな~!!素晴らしいなあと思えてきました。


この商品を買うと、どこどこに、いくら寄付されます。とCMしているお水がありますよね。このような、社会貢献型の商品が20代の人に大変うけているのですって。

海外旅行にいかない若者が増えているみたいですが、海外でボランティアをしようとうい企画の旅行では参加者の70%が20代の若者。それも、それが初めての海外旅行だという人が多いそうです。

お金を使うことが楽しくないといっていた億ションに住んでいる青年は、環境問題を考えると真夏になっても、エアコンは入れる気になれないのですって。そして、将来は、環境問題のために、お金を投資できないかと考えているそうです。

「社会貢献」

「自己実現」

がキーワード。ここに惹かれる人達だと分析していました。


消費は美徳!のようにして生きてきた久米さんや、どこかの社長さんは、憤慨しているというか理解に苦しむような発言をされたりしていましたが、

彼らへのインタビューをきいているうちに、幸せの指標や価値観があきらかに変わってきてるのだということ、を感じました。

それも、目に見える何かを手にいれることよりも、誰かの役にたつこと、目に見えない大事なことを探している、そんな20代が増えている日本は、まだまだ大丈夫なのじゃないかしら。

と、嬉しくなってきたのでした。



彼らと比べられていた世代。バブル時代に成人になった私。

モノを沢山もつことに魅力を感じていた私は、

ライフスタイルを変えたいと願い、工夫したり勉強したりして、買わない・持たないを目指しすようになりましたが、

もうすでに、彼らはそのような生活をしているんだなあ・・・すごいなあ、尊敬です。

|

« 市長さん ドイツへ | トップページ | よみきかせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きょんさま

きゃ~!そんなに誉めてもらったら、おろおろしちゃいます。
ありがとうございます。

カーボンオフセットは、やりましょうと、資料を出して、委員会にかけたら、簡単にとおったので、そんなに大変ではなかったのですよ。

オフセットは、あまり、「やりました~!!」といえる感じでなく、私的には「だしちゃうから、せめてものお詫びです。」というような気持ちでやっています。

組織で行う場合には、又少し違っていて、CO2の排出を意識していただきたいし、沢山の方に、オフセットという方法があるよ、とお知らせすることは意味があるなあと、思ったからです。
ちょっと意識したら、排出しすぎない方法を考えることだってできますしね。

今回は、オフセットしたことより、長い議論の末、不便でも、新幹線と在来線でいきましょう。そして、お子様連れの大変な点を、人の繋がり、助け合いで乗り越えて参りましょうという、方向性がもてたことが収穫でした。

最初の取り組みだったので、実際はナカナカでしたが、これをこれから、意識していけたら、便利であることより、もっとイイコトが得られると信じています。

投稿: うっち~まま | 2008年6月12日 (木) 22時04分

尊敬!
私にとっての尊敬はうっち~ままさんです。
先日も聖使命新聞が届いて・・・・見ましたよ!
うっち~ままさんもお写真で拝見出来て感動させられました~
個人的にも組織的にも炭素ゼロ運動の実践をされているうっち~まま!
本当に素敵です

投稿: きょん | 2008年6月12日 (木) 15時05分

yutaka★hajime^^さん

こんにちは、一番最近のyutaさんのブログ、読ませて頂きました。
コメントもかけないでいましたが、大変なことを乗り越えてこられたのですねえ。

でも、ひとつひとつの出来事や思いが、大切な体験だったのだなあと、じぃ~~んとしました。

それに、決意されて、ちゃんと、払い終わったyutaさんは偉いなあと思います。


特志会員ですか、それはイイですね。
主人も私も入っています。我が家にとって決して安い金額ではないけれど、お給料を手にとって、最初に「これは、神様の運動に捧げる分」とわける時、幸せだなあと、思います。
yutaさんも、是非、ご一緒に~♪

投稿: うっち~まま | 2008年6月12日 (木) 14時29分

TAさん

ふふっ、ありがとうございます。カッパが気に入ってテンプレート変えてみました。

>インターネットの情報と生の体験のギャップを埋めることは、その人にとって掛け替えのない経験となり、視野が広がるきっかけになる

そうですよね~。そもそも、若い時って、何でも知ってみたい好奇心と意欲で一杯だと思っていたので、あまりに興味を持たなさそうな20代の皆さんに「そんでいいのかい」とも思いましたし、ちょっと意外でした。

そう思いながら、私自身を振り返ると、若い頃は自分をもてあまして、頭ばっかり回して、一杯一杯だったけれど、年齢を重ねてからの方が色々やってみたいことや実際取り組めることが増えていて、頭で考えるより、実際行動ができるようになってきた(気がする)ので「色々なパターンがあっていいのかな~」と、思ったりしています。

なので、昔より今の方が、海外いってみたいんですよね~、私。
o(^▽^)o

投稿: うっち~まま | 2008年6月12日 (木) 14時20分

僕は、最近になって気づいたのだけど、お金を遣うのが大好きな人です。coldsweats01

人生いろいろあって、しょうもない事にばかり遣って、多重債務にもなったけど、いまは神様事に惜しみなく費やしています。happy02

貯金が得意ではないので、遣うべきところに遣うことで、世の中の役に立っていただこうと思っています。dollar

来月からは、特志会員に昇格してみようという企てを模索中です…。heart04

投稿: yutaka★hajime^^ | 2008年6月11日 (水) 21時35分

 うっち~さん、

 あらっ、梅雨らしいおしゃれな装いになりましたね~。
 
 20代の若者の海外旅行者が減っているのですか……。私としてはちょっと残念です。まぁツアーで日本人同士としか会話もせず、ブランド物を買いあさるような旅行はお勧めできませんけど、普通の、まじめな若者が海外に行かなくなるのは寂しい気がします。

 初めてパスポートを手にしたときの、別世界に入る鍵を渡されたような感じ、そして、出国審査、入国審査を受けたときの国をまたぐという行為の重み、その日の為替相場を見ながら現地の通貨に換金し、その国の通貨を手にしたときの感慨、そして地下鉄やバスなどの公共機関に乗るときの緊張感、通りかかる人とニコッと笑顔を交わし合い何となく気が通じ合ったときの喜び、テレビを付けると現地の言葉ばかりのチャンネル、レストランで食事や飲み物を注文をするときのドキドキ感、そして成田に戻ってきたときの安心感――などを通して、自分にはまだまだ知らない世界があったことを体験し、インターネットの情報と生の体験のギャップを埋めることは、その人にとって掛け替えのない経験となり、視野が広がるきっかけになると思うのです。

 やたらめったらに海外に行くことを勧めるわけではありませんが、日本人のように国境を海で隔てている国に住んでいる若者に、そういう貴重な経験をする機会が減っていることは何となく活力が失われる気がして残念です。

-TA
 

投稿: TA | 2008年6月10日 (火) 07時44分

脱藩浪人さん

そうですねえ。久米さん達や、バブル期に育った人達からみて、今の20代の人達を「新ニッポン人」と呼んでいるわけですから、その前の日本人からみたら、久米さんたちが「新ニッポン人」ということになりますね。

歴史は、物質を追い求める時代と、精神的な所を求める時代は波のように交互にやってくるといいますが、その通りのようです。


>ニッポン人の精神における原点回帰

きっとそうなのでしょう。だとしたら、20代の彼らの持つ価値観は、歓迎ですね。喜ばしいことですね。
見習いたいです。

投稿: うっち~まま | 2008年6月 4日 (水) 00時23分

「お金をかけなくても、楽しい時間をすごせたり、充分満足できる方法を持っている人達なのだな~という所に感心したのです。」

↑これが新ニッポン人とは私は思えません。

なぜなら、もともと日本は物質的に豊かではありませんから、「旧ニッポン人」は、そのような生き方をしていたと思うのです。「旧」とは言っても、ほんの60年前のことです。

新ニッポン人というのは、バブル期以降に金儲け主義に走った人たちのことを言うのではないでしょうか。久米宏も含めて。

だから正しくはニッポン人の精神における原点回帰。

しかし、経済的にはニッポンは「グローバルスタンダード」の名のもとにアメリカ流の自由主義経済を押しつけられ、金儲け主義はますます加速することでしょう。

今こそ、万物がすべて神の顕れであると説く生長の家の教えが必要な時代はないと思っています。

投稿: 脱藩浪人 | 2008年6月 3日 (火) 21時17分

ゆきえさん

そうですよねえ。欲しい欲しいでなく、今あるものに満足している感じがしました。それは素晴らしいですよねぇ。

逆に将来に不安を抱いているようではあり、それが貯蓄という形になっているようでしたが、ちゃんとした方向性、本当に素晴らしい人生観・人間観にであったら、ものすご~く素晴らしいことになるのだろうなあ・・・・やっぱり正しい信仰をお伝えるって大事だわ!となったのでした。

投稿: うっち~まま | 2008年6月 3日 (火) 11時32分

脱藩浪人さん

お久しぶりです。ようこそお越し下さいました!

>逆に「清貧」は美徳と思いますか?

ん~、すみません。うまくかけなくて。
彼らは清貧礼賛という感じではないんですよ。

そして、私も美徳とは思っていません。本当に必要なものや、心豊かになるものを必要なだけもっていて、満足する生き方はしたいと思っています。無限供給とはそういうことだと思っています。

番組は20代の方と40代の方を何十人かずつ、スタジオによんであって、主に20代の人達を取材して、40代の人達と、育っていく期間の社会情勢を比較したり、みなさんに質問したり、という流れで、


新ニッポン人とは、良い点からみると、お金をかけなくても、楽しい時間をすごせたり、充分満足できる方法を持っている人達なのだな~という所に感心したのです。

勿論お金は天下の回りモノですから、使わないでためておく、ばかりもどうかとは、出演していらした小池百合子衆議院議員はおっしゃっていましたし、議員自身も若い頃は、自己投資だと決めて、貯金しなくても、海外などへ行ったそうです。
もう一人のゲストの男性は、借金してでも、欲しいものを手に入れて、それを払うために頑張るんだ!というようなことを言っていました。

久米さんと男性は、ちょっと理解出来ない派、小池さんは中立、若い女性のゲスト(司会?)さんは、20代派、かな。
久米さんたちに押されてしまって、なかなか充分に発言できない様子でした。


私は、マイナス部分がよくみえてしまう人なので、最初は、

「ええ~!?ホントかい?そんな向上心のないことでそれでよいのかい?」

などと思いながら見ていたのですが、でも、物事は指摘することだけでは、よくないなあ、良いところを認めていこうという練習中なのだから、と思い直し、そのような見方をするように心がけました。

すると、彼らにも良いところがあるなあ、こういう所も素敵だ、と思うところが沢山でてきたので、主にその部分を書いてしまいました。


番組としては、脱藩浪人さんがおっしゃるとおり、きっと、もの凄~く意図のあるものだと思います。そんな雰囲気は感じました。それに、もっと色々な話しがありますので、私の書き方はすごく1部分で、とっても主観的な感想になっています。スミマセ~ン!

でも、制作側の意図は別にあっても、私にとっては、面白い発見があった番組でした。

投稿: うっち~まま | 2008年6月 3日 (火) 11時28分

物に囚われない生き方って、楽ですよね。鼻歌でもうたって、ありがたいなあって、空を見上げて、そんな若者が増えてる。自分を置いといて人の為に生きる若者…。すばらしいなあ。夢のかたちって物にわれない事から始まっていくのかもね。

投稿: ゆきえ | 2008年6月 3日 (火) 00時26分

お久しぶりでございます。

逆に「清貧」は美徳と思いますか?

無限供給が生長の家の教えなのでは。

私は、消費することが美徳とは思いませんが、
自分の子供を株で儲けるような人間には絶対にしたくありません。

お金を使う・使わないということと、「社会貢献」や「自己実現」はまったくの別物だと私は思います。

その番組、私は見ていませんが、何かしらの「意図」を感じてしまうのは考えすぎでしょうか。


投稿: 脱藩浪人 | 2008年6月 2日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/21360929

この記事へのトラックバック一覧です: 新ニッポン人:

« 市長さん ドイツへ | トップページ | よみきかせ »