« 谷口清超先生ありがとうございました | トップページ | 折り紙ボランティア  in生命学園 »

ハンカチの嫁入り先

淡々とした毎日です。
落ち込んでいる訳でもなく、悲しい訳でもないのですが、財布をおいてきてしまったり、鍵の入れ場所を忘れておお探ししたり、ちょっと、ネジが足りない感じになってしまっています。ぼけ~としてしまっているようです。 (;^_^A

こんな時は、淡々とできることをしよう

ということで、家にいるので、衣類の片づけなどをしています。


今日はハンカチのリユース先がみつかった話です

最近、我が家ではタオルハンカチが人気。夏は汗をよく吸うし、アイロンがけがいらないので重宝しています。が、そうすると、前使っていたハンカチが・・・・なかなか使われず、という状態になっておりました。

幼児時代に子供が使っていて、もう使わなくなったキャラクターもののハンカチなどは、誰かにもらってもらうこともできますし、

汚れたものは主に、切って様々な用途に使えるように、ぼろ布としていましたが

でも、もう使わなくても、綺麗なハンカチを切ってしまうのは勿体ないなあ・・・なんとか生かせないかなあ・・・・と考え、

かごに縫いつけてカバーのようにしてみたり、ほこりよけにしたり・・・・・やってみましたが、そんなに沢山使わなくてもできるので、いまひとつ減りません。

そんなことをしていて、やっとみつけました!!

ハンカチをリユースしてくださるトコロ!

枝廣淳子さんの著書 『7分後、7年後の幸せなあなたへ』
随分前にミセスプラチナさんに教えて頂いて読んだのですが、エコ生活についての具体例や考え方のお話しをするときに、参考にと何度も読み返していて、書いてあったことに気付きました。(う~ん遅いかも)



早速、問い合わせてみると、カタログハウスの通販生活にも、その会社のことは紹介されていました。通販生活、私、購読しているのに、そこは読んでなかったなあ。

見えていても、読んでいても、心に入っていないと、「ナイ」のですねえ・・・・(○_○;)

『ナカノ株式会社』


☆宅配で、送料は負担が必要ですが、海外に送ることに比べたら安いと思えます。

ここへ送ればよいそうです

☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆

ナカノ株式会社 秦野工場
〒259-1306 神奈川県秦野市戸川467-2 TEL0463-75-0564

☆受付してもらえるもの

*衣類全て
*厚手カーテン、レースカーテン
*掛け毛布、敷毛布
*バスタオル、スポーツタオル、フェイスタオル
*ハンカチ、スカーフ
*繊維製、ニット製の帽子
*着物、浴衣、帯

☆送る際の注意

*自分で使える状態、たんすにしまえる程度に洗濯された状態なら可
*濡れたもの、汚れのひといもの、破れたものは不可
*靴下などは1足組でセットが崩れないように出すこと
*ボタン、ベルト等の装飾品を取り除く必要はなし

*以下のようなものは送れません
-敷布団、掛布団、座布団、枕
-絨毯、カーペット
-足拭きマット、便座カバー
-使い込んだ雑巾、スリッパ
-ペット用に使った毛布、タオル
-コタツの下敷き、電気毛布
-ビニール雨合羽、雨傘
-会社の制服、ユニフォーム
-ベットマット、ベットパット
-ぬいぐるみ、スニーカー
-仕立てくず(裁断くず)


☆.意外なリサイクル可能品

古着の多くはウエス原料などのほかに主に衣料としてアジア各地に輸出されます。文化も習慣も異なる地域では、私たちでは考えにくいものが思わぬものが喜ばれたりします。そうした「リユースしやすい」有効活用できるものは

-ツバのある帽子(ニット製、制帽は除く)
-ハンカチ・スカーフ
-ブラジャー、スリップ、ガードルなどの下着類
-毛布(ウール製、アクリル製もOK)
-レースを含むカーテン(事業系は除く)
-シルクの和服、帯
-再使用できる皮革衣料品

☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆

リサイクルよりリユースが優先なのがいいなあ

ハンカチだけでなく、スカーフも良いのは嬉しいです。

送料もかかるし、それには燃料も使う訳ですから、

学区で回収していただける古着はやめておきますが、独身時代に購入して、すっかりタンスの底に眠っていたスカーフも一緒に送らせて頂こうと思います。

なるべくそのモノが生きる所に、出してあげたいですね。

 

|

« 谷口清超先生ありがとうございました | トップページ | 折り紙ボランティア  in生命学園 »

環境・エコ」カテゴリの記事

コメント

わし@琉球さん

>沖縄の場合、いつも送料(燃料)のことが気にかかります(笑)。

ハイ・・・私もそれが気にかかっていました。
小さくても大きくても、それなりに車が走るので、なるべく近くがいいですよね。近所のスーパーの駐車場の回収場は同じように、リユースルートを持っていないのか、調べてみま~す。

ナイスなお言葉ありがとうございます。

投稿: | 2008年11月11日 (火) 00時42分

yutaka★hajime^^ さん

>思い切って家財を減らそう

私もそう思っていますっ!
し、しかし、なかなか大物は減らせず、
このような小さなモノで使ってないモノから取り組んでいます。

ベターザンナッシングと枝廣淳子さんはおっしゃっていました。
「これくらいやったって、たいして変わらない」と言って何もしないより「0よりまし!」くらいな軽い気持ちで小さな事でも実行するんですって。

さあ、身軽になりましょう~!お互いに。(笑)

投稿: うっち~まま | 2008年11月11日 (火) 00時38分

素敵な情報ありがとうございます!

こういうのを聞きつけると、すぐにでも送りたくなるのですが、沖縄の場合、いつも送料(燃料)のことが気にかかります(笑)。

まっ出来る範囲で送れるものは送って、地元で使用(消費)出来るものは使っていただいて…これも「地産地消」?(^^;

投稿: わし@琉球 | 2008年11月10日 (月) 18時24分

具体的に紹介して下さり、ありがとうございました☆


早速、参考にします!


北海道に戻って今月末に引っ越さなければならなくなりました…。


同じ町内ですが…。


一応、転勤族なので、思い切って家財を減らそうと思ってました。


ありがとうございます♪

投稿: yutaka★hajime^^ | 2008年11月 7日 (金) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/25079360

この記事へのトラックバック一覧です: ハンカチの嫁入り先:

« 谷口清超先生ありがとうございました | トップページ | 折り紙ボランティア  in生命学園 »