« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

会長ごめんなさい

娘のソフトボール

誰も勝てると思っていなかった相手に、逆転勝ちをして、市でベスト4に残った

一から教えてくださった先生がいなくなり、ソフト経験者の講師の先生もいなくなり、今年度残ったのは、昨年新任できてくださった若い男の先生

顧問がいなくては継続できないので、専門でもないのに、子ども達をみてくださる先生には、本当に感謝です。


私は、子ども会や生長の家の行事とかさなって、なかなか出られない、手伝えないままに、一年がすぎ、今年度は、生教会の仕事もふえて、

そのドラマのような試合も観にいってやれなかった


でも、それはお役のせいでなく、私が、選択をうまくできなくて、断れなくて、いい顔ばかりしようとするせいで、誰のせいでもありゃしないのです





今年は娘の部活につきあってやりたいと思ったのに、やめようと思った子ども会をやめられなかった。

区の役員を5年間役を務めたからと、明日は総会で表彰してくださるというのだけれど、



明日は娘の準決勝の試合

ここで勝ったら、県の選手権出場



子ども会に行かないと、表彰をと、推薦してくださった会長に申し訳ないとわかっていたけ
れど、

「娘の試合の方にいきたいんです」と言ってみた

会長は、「そんなに長い時間試合はかからんだろう。表彰の時だけでもこい」と言われました







浮雲さんのブログに書かれていましたが、

「やらなくてはいけない」と思ってやっていたんですよね。私。



「やらせてもらおうと」思っていたはずなのに。いつの間にか、「わたしばっかり」と思っていたのでした

なぜかむやみに涙がでて



「会長、私今まで、こういうことなかったですよね。いくつも役があって、いつも重なるんです。今回は、試合を応援してやりたいんですっ!」と言ってしまった




・・・・でも、実は娘の試合を応援してやりたい自分、より

きっと、「友達は、自分の子どもを最優先しているのに、わたしばっかりが、我慢している」なんて思っている私の声だったと思う

せっかくの会長のご愛念を投げつけたような自分に

ちょびっと(かなりかも)落ち込んでいます。

いい人でいようと取り繕ってばかりいるよりはいいのかもしれないけれど。

出していい相手と、場合がありますよね。


いつもほめてくださり、認めてくださったのに、会長すみませんでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

地球温暖化対策あなたのご意見を

今朝の中日新聞で発見しました。

・・・・・・・・・・・・・・・以下引用・・・・・・・・・・・・・・・・

国がメールで募集!

政府は、6月までに地球温暖化対策の中期目標を決定するのを前に、国民の意見を電子メールで募集している。

中期目標は、2020年時点の温室効果ガス排出量の削減目標。政府は1990年比で4%から25%減まで6通りの選択肢を提示しており、この中からふさわしいと思うものを選ぶか独自の削減量を提案する。その理由や実現に必要な政策なども募集。

最も緩い基準の「4%増」は、現状の削減技術を基にした数字で、米・EUが掲げる中期目標と同じレベル。一方、最も厳しい「25%減」は、様々な機器類を省エネタイプに切り替えることを義務づけ、炭素税や排出量取引を導入することで達成させる。環境保全団体などが厳しい目標案にすべきだと主張するのに対し、産業界などは経済活動への影響の少ない緩い案を求めている。

政府は、京都議定書につづく2013年以降の地球温暖化対策の国際枠組みづくりを話し合う12月の気候変動枠組み条約締約国会議に向け中期目標を基に各国と交渉する。

メールアドレスは ondankakondankai@cas.go.jp

締め切りは5月16日

詳しくは内閣官房のホームページ参照。

電話03-5253-2111 内線82658

・・・・・・・・・・・・・以上引用おわり

インターネットが盛んになり、色々な事件も起こっていますが、悪いことばかりではありませんね。

一市民が国に意見をだせるのは(それもお手軽に)インターネットならではです。

みなさん、ひとりひとりの声が届く素晴らしい機会をご利用くださいませ。

ああ、何をかこうかな~

環境にかける負荷も、価格に反映させてほしいなあ。

環境税を贅沢品や輸入品には高くつけて、環境に配慮した商品にはつけないとか。

自然に配慮した会社や人が、増えるようなしくみつくり、

枝廣淳子さんがしくみをかえたらよいというお話をよくされますが、

そのお話が私にはぴったりきます。

太陽光発電も、ドイツみたいに、高く買い取ってくれるようになると、もっと普及しますよね。そういう所に、お金を使って欲しいなあ・・・・。

ということで、是非みなさま、お気軽にご応募ください。

・・・・・・・・・・・・・環境省からのまわしものでした(?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会議前夜

yoshimi様のコメントにコメントを書いていたら、ながくなってしまったので、こちらにアップさせて頂いております。(こんな使い方でいいんだろうか・・・・)

昨日は、対策部長として初の、会議での発表がありました。
「平成21年度の活動企画」

資料を何枚か作って、「やった~、できた~!間に合った~(≧∇≦)/」

とひとり満足して脱力していた私に・・・・・

会議前日、T副会長からお電話がありました。

「資料説明含めて5分以内に。 的確・明るく活発元気的確ユーモアあふれ、正しく理解できる会議にしましょう。要点まとめてね。」

と会長から伝言です。

と、伺って

「おお~、ええ~??」と。

元々マイクをもつと、ハイテンションになり、早口になる私。

まとめられない私。

これは、いかん

作った資料をみて適当に話そうなんて、出席してくださった方に失礼だ。

「時間は命だから、会議で1人が1分遅刻すると、そこに出席している他の何十人もの方の命、(1分×人数分)を無駄にすることになるのですよ。遅刻は厳禁です。」などと、偉そうなことを子ども会では言っている私。(^_^;)

なら、会議の発表も同じだよねえ。みなさんの貴重な時間を頂くのだから、それ相応の準備をすべきだ。

そう思ってからの、今回の緊張感はもう・・・・・

運動会前日の小学生(もしくは遠足前日?)のようでした。(ああ、大変、でも懐かしい。)

頂いた時間が5分だったのですが、これは原稿がないとだらだらとしゃべりすぎると思って、

夜中まで、A45枚に原稿を書いて、これでは長すぎるからと削って、2枚に。

お絵かき好きな私は、時間短縮とわかっていただきやすいかな~と、カレンダー裏に色々絵をかいた。でもできてから、それを使ってみると、

会長からの

「資料説明含めて5分以内に。 的確・明るく活発元気的確ユーモアあふれ、正しく理解できる会議にしましょう。要点まとめてね。」

からは離れてしまう気がしてくるので、却下。

作ってみないと、それがわからない私は大変時間がかかります。(;^_^A 

時間オーバーは厳禁!やっぱり要点をしぼらないといかんのでやめて・・・なんてやっているうちに、どんどん目がぎらぎらになって・・・深夜2時、眠れなくなってきた(笑)。

結局、何度か、ひとりリハーサルをやって、午前3時。いかん、
長男の弁当が、朝練の長女のご飯が・・・・と、気がついて寝る。





あれだけ書いたのに、練習したのに、当日は目が泳いでしまって、原稿を読めなく、

もう思い出すままにどどど~っと、早口になってしまい、さらにやっぱり時間オーバーだったのでございます。(ああ、いつもの私のパターン)

地声が大きかったのが幸いしたのでしょうか。そんな発表を大先輩の副部長さんや、yoshimiさんにはほめていただいて、うっち~は嬉しいです。うううぅぅぅ。救われます。





でもね、反省は毎回沢山あっても、精一杯準備した時は、色々失敗しても、今回はこれでヨシ。

次はさらに頑張ろう~、とすっきりした気持ちになれるし、嬉しいものです。

できることはやった!ああ、すっきり。

あ、シコク様のブログのお話を資料にいれ、発表もさせて頂きました。
こんな所ですみません。シコク様本当にありがとうございます。 (^人^)

◇買い物の祈り!?
「買いたい!」「ああ、これ欲しい!!」と思ったときにすぐ買わないで、次のように唱えてみては?

・・・・・・以下シコク嫁さまブログより引用です・・・・・・・

「あぁ、この世のものは全部、神さまのもの。もちろん、私のものも神さまのもの。神さまは私たちに、全てを与えてくださっているのだから、お店に並んでいる素敵なお洋服も、美しいアクセサリーも、靴もカバンも、み~んな実は私の物なの。家はあまり広くないから、お洋服をしまっておくにも場所が無いし、管理する時間も惜しいから、お店に預かってもらってるんだわ。そして、そして、ホントにホントに必要になったら、引き取りに行くのだから大丈夫。みんな私の物なのよ。私は億万長者、無限の富者。ありがとうございます」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無駄使いは、だめ、よく考えて買いましょう、などというより、豊かな気持ちで無駄使いをふせげるので、私は大好きで時々お祈りのような唱えていたのですが、

これをお伝えすると、大笑いして頂けました。(笑)

でも、資料にも入れさせていただいたので、きっと実践される方がいらっしゃると思います。p(^-^)q

環境対社会対策部は、具体的な数の目標数がないので、まったりとしておりますが、このまったり感や、楽しい気持ちになれる取り組みが、目標のある運動を達成していく力になっていくといいなあとこの時思いました。

今日は娘の公式戦でしたが、雨だったので、応援にはいかず、お弁当を作って朝ご飯と洗濯だけして、2度寝させていただきました。ああ~、幸せです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

資料づくり・つくり・つくる

PTAと子ども会の総会前で、へろへろになっているのに、

なぜか、生長の家の資料作りになると俄然元気になるうっち~でした。

環境対社会対策部の「21年度の活動企画」を、総連会長さんまでだと思っていたのに、連合会長が、支部長さんまで渡してくださる(きゃ~ (≧∇≦)/ 嬉・涙)とおっしゃるので、

「なら、その裏面にもなにか、喜んでいただけそうな情報を・・・・」とうずうずして、シコク嫁さまのブログで教えて頂いた、「この世のモノは全部神様のものだから、私のものでもあり、お店のものも私のモノ。家にもってくると狭くなるから、どうしても必要な時までお店においておいてくださっているのだわ」という考え方を、転記させて頂きました。(ここには、記憶で書いたのでいい加減でごめんなさい。シコク嫁さま、いつもいつもありがとうございます。)

70名ほどの対策部員さんに、メールアドレスや、お好きなことや、やってもいいお手伝いについてのアンケートをだしたので、そのお手紙の後ろにも、グリーンコンシューマーについて書く

さらに、総連会長さんにお渡しする報告用紙の裏面に、毎月入れていた(らしい)
「エコトクおしゃべり広場」なるテーマで、昨年度一年間とりくんでの感想や、今年の取り組みを書く欄をつくって・・・・・

青年会では、こまか~い文字でぎっしり書いていましたが、

ここでは、

大きめの文字で見やすく

わかりやすいように

楽しく、すぐに取り組めそうなことを

読んだらつい、やりたくなるような表現で

・・・・・・そういう表現は実際は難しいのだろうれど、そうしようと思って書くと、きっとそうなると信じるうっち~は、信じる!

全部を読んでいただけなくても、どれかひとつ、心に、その目に、とまって、「あら、そうなの、やってみようかしら」とか、よくある私のように、心の鐘が「カランコロンカランコロン」と鳴って、実行して頂けたらいいなあ・・・・実行する人が一番楽しいのだから。

なんていっていますが、実際は、皆様の方がずっと先輩で、沢山の智慧をもっていらっしゃいます。その智慧を拝借して、他の方にお知らせする。そんな喜びの情報や、素晴らしい工夫、智慧を誰かから誰かへ橋渡しする役を、対策部が担っていけたらいいなあ、と思っています。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

今日は会議

正副会長の方々と、対策部長の会議でした。

機関誌4,5月号を読んでくるように、とのことでしたので、もう一度、教化部につくまで・・・と思い地下鉄の中でも読んでいると、以前読んだ時とは違う文章に心が響きます。

“私たちが進めている「日時計主義の生き方」の実践は、その生活のあらゆる場面で、今、此処に、神の国があり、恵があり、善があり、美があるということを、いかに私たちは多く見いだして喜びの人生を歩むかということです。”

あああ~、そうだなあ、これだなあ~。

“・・・・ともにこの運動を進めていきたい。なぜなら、皆様一人一人も皆、仏様であり神の子であるというのが、私たちの信仰であるからです”

この後文章のあたりで、なぜかじわ~っと、すごく嬉しくなり「ああ、そうでした。はい、一緒に参ります」と、思うと涙がぽろぽろ・・・・



とてもすっきりして、ふとと前をみると、

いつも教化部に来てくれている仲良しのヤクルトのお姉さんがそこに。

「・・・・・・・・」

にこっと笑って「おはようございま~す!」といいましたが、

・・・・・・・・歩きながら本読んで、泣いてるひとって、どうよだわ。と急に恥ずかしくなった朝でした。

今日の会議では、熊本教区が講習会で25%の新しい方が参加されたことが話題になり、機関誌の写真をみながら、「どのお方がシコク嫁様かしら・・・わくわく」と探しました。

(が、さきほど、シコク様のブログを読ませて頂いて、写真にいないことが判明・・がーん)

でも、会議の中で話される会長の一言一言がひびきました。

ちゃんと、組織図があって、私たちの役割(対策部)はスタッフで、会長の頭脳である。

教化部長先生のお話が

「対策部長というのは、年がら年中、聖使命なら聖使命をどうやって取り組んでいくか、その事を練る、考える人です。そういう人がひとりいると、その運動がのびていくのです」

「どうしたらいい?と考える人です。」とおっしゃいました。

ああ、そうです。青年会で教えて頂いたこのお言葉。教化部長先生も青年会で活動していらして、青年会での活動が運動を進める上でとても生きているとおっしゃっていましたものねえ。

白鳩会にきて、どう動いたらいいのか、ととまどうばかりの私でしたが、

青年会でも白鳩会でも何もかわってはいないのですね。




とにかく、わからなくても素直にいこう

明日は、熱田神宮の神想観と、栄える会が定例で行っている清掃奉仕に参加させていただこうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

やっと気づいた♪

PTAの学級委員さんの選挙

当選された方には、郵送でお手紙をだして、

総会前に行われる全委員会の出欠票を頂くのですが

これが集まらないと、全委員会も成立しないため、出欠票を出していただいていない方には、役員から電話をいれることになっています。

郵送の手紙が届いてない、なんてこともあったりますので。

お母様方がパートから帰られると思われる4時頃、役員は集合

うちの学区は、どこのご家庭も夜遅くにしか帰宅されない、とか7時になります、とのことだったので、自宅でかけることにして、

他の学区をお手伝いしました。

「学級委員のお願いのお手紙が届いているかと思うのですが」とかけてみると・・・・・

「実は、できないんです」

「理由をお伺いしていいですか?次の方にお願いする手前、理由をきかない訳には参りませんので・・・」

「私が病気で、あれこれ、それこれ・・・・」

「そうですか、それでは無理にとは言えませんので、次の方に書けさせて頂きます」

ということになり、2番目に当選された方にかける。

「一番の方はどうして辞退されたのですか??」

とだいたいおっしゃるので

「理由は役員が伺いまして、公平に判断させていただいて、辞退をお受けしましたので、申し上げられません、すみません」

などというと、次の方も色々ああだこうだと理由を言われます。

「では、次の方に連絡してみますが、何名かお電話して、みなさんがお断りされたら、お手間ですが、一度学校へ集まって話し合って頂くことになっていますので、宜しくお願いいたします」

といって、切って

又、次へ電話。

またもや、同じような話が始まる

介護を理由に断られる方は、レクリエーションバレーには、ご夫婦そろって参加されているんだよ、とか、他の方から情報がはいると、だんだん、私の気持ちがおだやかではなくなっていきました。

何人かと、上記のような電話を繰り返していると、「どう考えても、断るための嘘ではないか」などと疑いの思いがわいてきて、口調もきつくなってくる・・・・気がします

(むこうの口調がきついと感じました。ということは、きっと私の口調もきついんですよね)

そんな作業を夜の8時までやって、とっても疲れて帰宅

子ども達にご飯をたべてもらって、こわれたお風呂の水道の交換のためにきてくださった業者さんとお話をしてから、

今度は、同じ学区の人に電話。

断られたら又次の人の説得にかかる。

最後の電話をきったのは、10時半すぎた頃でした。



こんなに大変だった選挙は、この三年間で初めてでした。




がっくりしたのは、「断った」という方の話をきかれた娘の友達のお母さんが、(役員が電話したあと、他のママさんに連絡をとるかたがちらほらいらっしゃいます)

「私だって断りたい理由は色々あるけど、断れないと思って受けたのに、そんな話をきくとやる気がうせる。気分が悪い!!」とくどくどおっしゃること。

「そうですよねぇ。わかります」とあいづちをうちながらも

「でも、そういう人ばかりみていると気持ちよく活動もできませんから」というのですが、

くどくどくどくど・・・話は続きます。


10時半になって、やっと電話をきり、そのままお風呂も入らず、バタンキューでした。







あまりに気分が悪くて、

今日になっても嫌な思いがわいてくるものですから

あさからとにかく、感謝行ばかりしてました

「ありがとうございます。ありがとうございます」と

そして、さきほど、皿洗いをしながら、やっと、はっと気がついたのでした





昨日電話で私にくどくどくどくど・・・・(笑)言ってくださった言葉は、

この3年間、心のすみでひとりで「ぶつぶつぶつぶつ」言っていた言葉と同じなんじゃないか、って。



それから、嘘をついてまで、役をうけないようにしようとする人に焦点を合わせると疲れますから、なんて言いながら

焦点をあわせていたのは、私でした。(*☉☉)

断る人は80名近い委員さんのうちでも、10名ほど。

あとの70名の方は様々な理由があっても、「はい、わかりました」と正直に受けてくださるかた。

10名の方がことわっても、次の10名に断られても、最後にはちゃんと受けて下さる方があった。委員が決まらないというクラスはない。

ということは、やってくださらない人や、どうにかしてやらないように、とされる人より、

「やりましょう」と言ってくださる方の方が断然多いのだった




私が、そこに焦点をあわせずに、断る相手ばかりをみて、なんとか、受けさせようとしていたから、腹がたってくるんですね。

疲れるんですね。

断ってくださった方も、くどくど話してくださった方も、私のためだったのでした。

ありがとうございます。

気づいたら、もやもやもやもやしていたものが、す~っと消えました。

全部、自分、だなや~。(((´∀`))))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分がやろうとするからだ

沢山のお役が重なると、

肩がこる。疲れる。重い。

そんなふうに感じるのは、

自分がやろうと思っているから


あれとこれとこれとこれと、あれもやってこれもやって、

そう、考えるから




私がやるんじゃない

私はだただたさせていただくだけ

ひとつひとつ、今すべきことを、丁寧に

楽しもう

沢山の仕事を先の先まで頭で考えて、くるくるくるくるするよりも、

「今」

「今」

大丈夫よ

生かされている、私なんだもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たねまきだ!

今を味わおう、楽しもう、ということで、

今日は、仕事に出るまでの時間に、大好きなたねまきを実施

昨日からベランダで水にふやかしておいた、あさがおやヘチマの種をせっせとまく


家の前の通りのフェンス下は、通行される皆様のために

二階の窓とベランダは、南側の日差しを和らげるためと、夏の夜風を涼しくしてもらうため


昨年は緑のカーテンをやめて、よしずにしたのだけれど、よしずより、すだれより、

やっぱり、緑のつるや葉っぱの方が涼しいなあと実感したものね。

家の周囲のすくな~い土に、勿体ないからと(笑)ぽいぽい置いた、ろうばい・柑橘系・どんぐりなどなどが、芽をだしているのを発見。

おお~、こんな所に。偉いねえ、よく出たねえ・・・・と話しかける時が、たのしいのです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじまった!

中学校の役員がおわるど~!!と舞い踊っていたら、

小学校から「学級理事のくじに当たりました」とお手紙が届きました。
(昨年度から小学校の役員決めは、くじになったのです)

ああ~、やっと終わったと思ったのに・・・・と思わないでもありませんが、きっと、多用なことはありがたいこと。

暇ができたらこれしよう・・・・でなく、今、を味わい、楽しみ、生きるのですよ、ということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »