« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

祝福しよう

娘のソフトボール部がちょいともめています。

顧問の先生が転勤されて、昨年新任でいらした先生がやってくださっているのだけれど、

ソフトの技術指導はできない

だから、キャプテンママも他の選手のお父さんも、何かできることをと、

バッティングの指導をしてくださったりしていました。

でも、色々な方に指導されて子ども達が混乱していて打てなくなっているというお話もあり、

キャプテンママが、ある方にバッティングの指導を週に一回依頼され、

「他の人は応援はしてもらいたいが、指導はしないで欲しいとメールがありました。」

私は、ど素人なので、

一人の方が指導された方がいいんだろうなあ~、と納得し、それにしても、キャプテンママは本当によくやってくださるなあと、感謝感謝で・・・・あまり出られないことのお詫びとともに返信したのですが、

娘の同級生ママの中では、問題になってしまったらしい

まず、指導しないで欲しいという言葉は、特定のお父さん宛てらしいのに、全員にメールを送ったこと。

その方は毎週、車出しで会っているのだから、メールでなくて口で言って欲しかった

週に一回の指導では、県大会に間に合わないではないか、皆で協力したらいいではないか、

などなど




どの意見もごもっともだと思います。

でも、キャプテンママはあまりべらべら話される方ではないし(飲んだとき以外は)

県大会間近だから、あせってもみえると思ったので、

「口で言いにくかったから、特定の人にだけ言うのもなんだから、メールにされたのだろうねえ・・・・」なんて言ったら、

○○さんの気持ちもわかってくれないといかん!annoy と友達に言われてしまいました。

私は、色々あるだろうけれど、やはり、中心になってやってくださっている方にありがとうだし、親がもめている場合ではない、という思いが強いのですが、

今はそれを言っても駄目かなあ・・・という雰囲気でした。

明日集まるそうです。

ぐちぐち大会になるかもしれないなあと、話しを聞いた後は少し重い気持ちになりましたが、





・・・・・丁度、祝福名簿にもっと沢山お名前をかきましょうと会議で聞いた所だったので、とりあえず、部活のことはおいておいて、子どものクラスのお友達や、学校の先生、色々な方の名前をせっせ、せっせと、書きました。

(ソフト部のお子様やお母さんの名前は書いてありましたので)

ソフト部の子やお母さんの名前をみながら、次々とクラスの子や学校の先生のお名前を書いているうちに、

ああ、皆神の子で、みんながよくしようとやっていて、子ども達のためにと思っているのだから、大丈夫!きっと良くなるぞ!

という気持ちにならせていただきました。

書くって違いますね。

祝福名簿すごいぞ。


きっと明日も大丈夫!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

バナナパンの次は・・・

バナナパンのことを会議で発表したら、

早速、帰り際に「あのね・・・・」と話しかけてくださった方がありました。




「ホットケーキミックス100gに、おから100gを入れて、

卵1ヶ、牛乳200グラムをいれて、

炊飯器に入れるの。で、まぜまぜして、普通に炊いてごらん。

パンケーキみたいになるし、繊維質がとれて、いいのよ~」



早速メモメモ・・・・させて頂いてきました。

卯の花だとあまり食べてくれない子ども達にもこれならいいですねえ



では早速・・・・

ホットケーキミックスレシピがブーム中の、ゆきえ様

いかがでしょうか?


あ、勿論私も作ってみま~す。coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バナナパン

昨月から、環境対社会対策部は、会議に次第に簡単に作れておいしいレシピを載せています。





バナナパンと申しまして、

①ホットケーキミックス100グラムを袋に入れて、やわらかくなったバナナを1本そこにいれ手でモミモミします。

②粉っぽさがなくなったら、袋のはしを切って、オーブンの皿の上にまる~くだし、お好みでレーズンや、チョコチップをのせます。

③170度で20分ほど、様子をみながらやいたらできあがり。

これを作ろうと、バナナを買ってくるのですが、やわらかくなるのを待たず、子ども達が完食してくれるので、これは、沢山買わないとな~なんて思ったのです。

そんな時、K講師が、誌友会に派遣に来てくださいました。

バナナパンのレシピを教えてくださったのも、K講師でしたので、

バナナパンの話になりました。

私は、

「バナナを買ってくるんですけど、やわらなくなる前に、全部子どもに食べられてしまうんですよ~ははは」

とまだ作っていないいいわけのように言いました。


それからしばらくして、先日の日曜日。教化部に行ったらK講師にお会いしました。


すると、K先生、

「これで是非作ってね。」とにっこり笑って、おお~きな房で山盛りのバナナを、当たらないように、緩衝剤までいれて、私に下さいました。


びっくり&すごいな~




食べられちゃう、なんていっていずに、私が沢山買えばよいのに・・・・

きっと、私だったら沢山買えば?と言っておしまいになりそうですのに(恥)



愛深いということはこういうことなのだなあ・・・と、しばしぼ~ぜんと

いたしました。

白鳩会って、すごいですねえ。

私も頭でっかちでなく、さららら・・・と当たり前みたいに行動できるようになろう♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

だいこんのはな

_p5240227

いつもは、大根を買ってくると、葉っぱの下から切り

水に浸して

又、葉っぱがでてくるのを待ちます。



出てきた葉は、みそ汁に入れて頂くのですが、




今回は、

なんと・・・・!



お花が咲きました。



すごいなあ、生命力だわ

サービス精神?かしら




だいこんさん、ありがとう、感動です。

もったいなくて、切れなくなって、ながめています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

郷土美化奉仕活動

・・・という中部善意銀行が主催する、市民清掃に、環境対社会対策部の方と参加してまいりました。

かなり前、友人の結婚式の二次会で行ったきりの・・・・なつかしい栄、テレビ塔北で集合



白鳩会からの参加は5名ですが、

他の団体は結構沢山、市の子ども会さんとか、ボーイスカウト、ガールスカウトと、沢山の団体が参加していました。



嬉しかったのは、

昨年度まで一緒に中学でPTAの執行部をやっていた友人とも再会したこと!

彼女はガールスカウトの指導者としての参加でした。

「きゃ~こんな所であえるなんて~!!役員おわってから、何故か身体がかるいよねえ。それだけ頑張ってたってことよねえ・・・」などと

自分達をほめながら2人で抱き合っておりました。ははは。




1時間ほどのゴミ拾いと草むしりでしたが、

どこでやっても、清掃は気持ちがいいですねえ。

おわったあと、一緒に参加された方と、テレビ塔の下でお茶をし、お話をして帰ってきました。


今年から対策部員さんが全員集まる機会もなくなったので、

こういう時にお話できるのは貴重です。




そこから、教化部まで歩いて行って、公園でゲームをしている生命学園に合流。




園児さんたちは、今日は公園でハガキに草花の絵を描きおわり、帰る所でした。



写真を撮らせてもらいましたが・・・・う~ん、ステキですねえ。

先日、作った落款を押すとこれまた、グレードアップしたかんじです。

それぞれが、おばあちゃんやお母さん、いとこ、など、出したい人宛てに投函しました。





生命学園での私の役割は、段取り。

指導者の人数もそろってきて、お手伝いに来てくれる中高生もけっこういます。

17年間ご指導くださった園長先生が、父母の会の指導をされることになって、園長先生も交代となったので

新園長先生が以前からしてくださっていた、書類作り、指導案の作成を担当者にしてもらうこと、細々とした手配、指導者の皆さんへの分担、大好きな作り物、をなんとなく、自分の役割かな~と思ってさせて頂いています。

ドラマの「篤姫」でも役割・使命という言葉がでてきましたが、
自分の役割を、頑張らずに、顔晴って、当たり前に、さらさらとできるといいなあ。




先日、白鳩会長が、

会議次第に簡単レシピを載せるように、とおっしゃいました。

それは、皆さんに料理を上手になって欲しいのではなく、誌友会でこのデザートを出しなさいということでもなく(笑)


・・・・・「やらないかん!しないかん」(やらないといけない、しないといけない)「言われたからやる」

という運動でなく、お一人お一人が、やるべきことはやる中でも、ニコニコと楽しみながら、喜んで取り組んで頂けるようにしたい、そんな雰囲気作りをしたいというお気持ちの表れでした。


環境対社会対策部長は、環境とか、対社会に向けての活動においての、会長の頭脳ですが、組織の中では、今ちょっとそれだけでない役割がある気がしています。


言われたことをしっかりされる白鳩の皆さんは本当に素晴らしくて、

私は感動することしきりなのですが、

真面目でちゃんとされるがゆえに、「やらなくちゃいかん」という意識に縛られて苦しく感じられる方もあるようです。

そんな方にも、もっと自由にのびのびと、楽しんで、光明化運動をしてもらいたい、



そんな会長のお気持ちをどうやって形にしたらよいだろうか、といつも心の下の方で考えています。

神想観の最後に、皆さんがたのし~く、やわらかい温かい光の中で活き活きと活動されているお姿を祈ります。もちろん自分もそこにいます。

対策部としての具体的な目標はないけれど、すごく重要な役割をさせて頂いていると勝手に思っています。

・・・・ああ、でも、肩をはらずに、

頂いた役割をただただ、当たり前に喜んで生きていこう。

そんなことを思うこのごろでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あなたをさがしていたのです

_p5140145

みつけました!happy01 up

おかずカップ

大きいサイズ(タバコを横に置いてみました)

欲しかったんですよねえ・・・

洗って何度でも使えるシリコンのおかずカップは、どこでもみかけるのですが、

サイズが小さいのしかなったので、

この発見は嬉しいです。

ということで、楽しく作ろうお弁当~♪

と毎日自分を励ましていますっpunch

| | コメント (9) | トラックバック (0)

最近のなやみ・・・・(ΘoΘ;)

大した事ではないのですが、

長男くんが携帯を欲しがっています

高校生になったら、当然買ってもらえると思っていたらしい





でも、

主人は、「必要ない」ともうしますし、

私も同感


DSなどと同じように、遊びの延長線上で友達とのメールや、自分のブログ?をやりたいのだろうなあ

そのために、毎月5000円はかかる

(パケホーダイにしないと、ブログなどは大変な金額を招いてしまいますよね)

大体、主人の仕事の関係で、うちにはPCが数台ある。

だから、PCでもインターネットはできるのです。メールもしている。ブログも書いている。



携帯と違うのは、夜は10時までとなっていること(リビングにいられる時間ですね)(中学までは9時でした)

それをいつでも、どこでも、何時でもやりたいという彼の気持ちはわかるけど、

そのようなことのために毎月5000円ものお金を高校生が使うのは

やっぱり納得いかない。

高校生なんだから・・・・と小遣いを大幅アップしたから、それを入れると、毎月、彼の小遣いと通信費で1万をこえる。学校で必要なものや、部活で必要なもの、色々あるけど、これは、ちょっと違うと思う。

う~ん・・・・やっぱりありえない



クラスで携帯を持っていない子は少ないらしいけれど、

持っている子の親御さんに聞くと、使用料金を制限して、それ以上使えなくしている(2000円程度とか)らしい。 インターネットへの接続も制限して、フィルターをかけていたりしているのですって。

そんなワケで、答えはでているのですが

長男が欲しい理由を切々と述べ、持つためにあれこれと考え、なんとかしようとしている姿をみると・・・・無性になんとかしてやりたくなり

なんとか持たせてやれないものか、などと矛盾したことを思うのでありました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

落款でこいのぼりを作ったよ  in生命学園 

_p5100119

全体写真

_p4260107

近づくと、こんな感じ・・・でも、小さくてみにくいですね(・・;)

ちょっと前ですが・・・・せっかく写真をとったので、ご紹介です。

生命学園で、ひとりひとり、落款(らっかん)を作りました。

小学生のお兄さんお姉さんは、消しゴムはんこで、

幼児さんは、もこもこペンで

「あ~!失敗した~!」などという声があちこちから聞こえてきますが、

「いやいや、失敗はないらしいよ。それが意外といい感じになるんだって。」と言うと、

作り直す子、そのままやってみる子、と反応も色々です。

でも、完成してハンコを押してみると、

どの子の落款も、味のあるいい~~い感じに出来上がっている!

とっても味のあるステキな落款ができました。

ひとりひとりマイこいのぼり(本当は使用済み封筒で作るといいのですが、沢山頂いた用紙があったのでそれを半分に折って使いました)

に、今年度の目標を書いて、落款を押して、ビニールシートに貼ると

おおお~!青空にひらひらとたなびく、こいのぼりたち!!

という設定でした。

早く作れた園児さんとお手伝いさんたちが、鳥や太陽、建物などをつくって貼ってくれたので、にぎやかになりました。

ここ何年かは、卒園時さんがそのままお手伝いに残ってくれるというステキな雰囲気ができてきているのが何より嬉しい★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいんです

_p4180095_2

最近のお楽しみは、小6の次女が作ってくれるチーズケーキです♪

「おお、失敗したかも」という時でもとってもおいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てんつくマンのメルマガ

以前もてんつくマンのメルマガから私のつぼにはまった言葉をご紹介しましたが、

今回はメール読みながら泣いてしまいました。



メールを頂いたのは、少し前で、その後に

シコク嫁様のブログで紹介されたお話をテレビでみたので、↓

http://blog.goo.ne.jp/hinokagayakuyouni/e/ed0e5e84db824b6f6cac5588b45dfb5e

ああ、共通するものがあるなあと、又感動。

(こちらの地方では、アンビリーバボーが野球中継で延期になり、昨日、土曜日の昼に放映されましたが、詳しくは、シコク嫁様のブログからご覧くださいませ)





メールのお話に戻ります。

いつも、てんつくマンさんが、講演会などで最後にされる話だそうです。

・・・・・・・・・・引用します・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「命は愛されて繋がっている」

昔、ヨーロッパで沢山の赤ちゃんが捨てられた。

その当時の大王さんは赤ちゃんを集め、二つのグループに分けて、悲しい実験をした。

Aグループの赤ちゃんはミルクをあげる時、必ず、抱き上げ声をかけ、目を合わせ愛情と共にミルクを与えた。

Bグループの赤ちゃんは絶対に抱き上げず、声もかけず、目も合わさず、触れる事なくただただミルクを与えた。

愛を与えて育てた子どもと、愛を与えずに育てた子どもはどう違うのかという悲しき実験。

実験は失敗した。

なぜならば、Bグループの愛を与えずにミルクを与え続けた赤ちゃん全員が大きくなる前に亡くなった。

その実験で分かったこと。
人は食べ物や飲み物だけで生きているのではなく、愛によって生かされている。
つまり、今、生きているということは、誰かに愛されたから。

愛の深い両親の元、生まれてくる人もいれば、

両親がいても、仕事が忙しくて、愛された記憶がない人もいるだろう。

片親の人もいれば両親がいない人もいる。

与えられた愛の量はそれぞれ違う。

でも、今、生きているということは、必ず誰かが抱きしめてくれたから。

それはお父さんか、お母さんか、おばあちゃんか、おじいちゃんか、近所の人か、お姉ちゃんか、お兄ちゃん、仲間かもしれない。

誰かが声をかけてくれたから生きている。

誰かが抱きしめてくれたから生きている。

誰かが微笑んでくれたから生きている。

誰かが愛してくれたから生きている。

それを忘れないようにして生きてゆこう。

人と比べる必要はない。

あなたは愛されて生きている。

それは間違いなく事実なのだから。

今、肉体を持って生きている。

その肉体を持つということは、可能性を与えられているということ。

次は自分が誰かの命を繋ぐことが出来る。

自分が声をかければ

背中をさすってあげれば

微笑みかけてあげれば

多くの命を救う事が出来る。

そう、一人一人、誰かの力になれる。

誰かを支えることが出来る。

今日、自分の愛を意識していきよう。

声をかけること

ふれること

微笑むこと

愛す事を意識していきてみよう。

それは、人だけにじゃなく、木や花や大地に対しても。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・引用おわり・・・・・・・・・・・・・・・

生命学園の子ども達にこのお話でぺープサートを作って、

もう少し、子どもさんでもわかるような表現に園長先生がかみ砕いて

表現してくださって、読み聞かせのようにさせていたいたり、

今日の子ども会の指導者研修でも、お母さん達に、はじめによませていただきました。

ああ、私は愛されてここにいる、と嬉しい気持ちが湧いてきます。

それと同時に、うまくとか、流ちょうに語ることでなく、


もっと魂の奥底から「あなたはかけがえのない神様の命です。なんて素晴らしいのでしょう」と、観じ、伝える事ができる人になりたいなあ、と思います。

生長の家では、最初からこのようなご文章が満載ですが、

普通に、こういう表現がされて、沢山の方にメールで送られていることも嬉しいことです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元気になあれ♪

今日は、私より3年早く青年会を卒業されて、白鳩会の会員となられたKさんと20分間

一緒に「白鳩」誌を読んできました。

Kさんは、舅さんやご主人は生長の家をご存じないため、はじめは私と2人で輪読会をして、その後、お子様を授かり、誌友会をさせて頂けるようになり、青年会員となられた方でした。

元々、線の細い、身体も細い方でしたが、

とんとご無沙汰しているうちに、体調がわるくなり、お会いしないうちに、軽いうつ状態になられていました・・・・

白鳩会の支部に入られたので、大丈夫だわ~なんて思っていたので反省でした。

何をして差し上げたらいいのかな、と思っているうちに瞬く間に時間がすぎてしまっていました。

彼女は、小学生のお子さんの学校へ行ったら、翌日はばったりと寝込んでしまうそうで、

食事作りも、ままならず、部屋の片づけもできない。

色々お話したけれど、その日を過ごすのが精一杯で、練成へいく気持ちにもなれないし、

すご~くご近所に支部長さんがいらして、誌友会も開催されているのだけれど、

そこに1時間参加しただけで、ふらふらになってしまうというのでした。


何もできないまま

Kさんのことを祈っているうちに

最近になって、ふと、思い浮かんだのは、

「輪読会」でした

外出できなくても、輪読会なら、10年ほど前に2人でやっていた。

そこから又はじめたらいいのでは♪

そう思って、「時間があいたとき、電話するから、玄関先で10分間だけ輪読会しない?」

と声をかけたら「それくらいなら・・・・・」と承諾してくださいました。




今日は、小学校のPTAの役員会があったので、その帰りに、電話をしました。

玄関先でといっていたけれど、お部屋に通してくださり、そこで清超先生のご文章をよみました。

「落ち込んだ時、どうしようもなく悲しくなってしまったとき、そんな自分の感情に従ってしまわずに、大きな声で、感情をこめて、身振り手振りをくわえながら聖典を読むとよいですよ」

と前ヤングミセス担当のミセス様は教えてくださった。

これを実行して、私は何度も救って頂いた




舅さんがみえるので、身振り手振りや大きな声では難しいですが、

気持ちをこめて、貴女は大丈夫、という思いをこめて、読ませていただきました。

これからも、たびたび、お邪魔させて頂こうと思います。




Kさん

きっと、大丈夫だよ。

あなたは神の子だから


きっと元気になるよ~!!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

無限供給

今日は暑かった~!

朝からお仕事で、3時間外を歩いておりました。

15分もするとすぐのどがかわいて、ふらり・・・・としてくる私、

「おおお~、真夏日や、これはつらい。体力ないからなあ、私。

ああ、若い時は、この時期(木の芽時といいますよね)いつも頭痛に悩まされていたのだったわ、今日は大丈夫だろうか」・・・・などとマイナスな回想をしはじめて、はっとしました。






あ、忘れていた!(おいおい昨日の今日だよ)

お仕事も、無限供給だったわ~。ありがたいではないか。こんな自由に、スケジュールが組めて、参加する行事や会議を抜かして予定がいれられる仕事って、そんなにあるものじゃない。時間もある程度自由だし、ドタキャンもできる。


時給も沢山頂けて、世の中には、スポーツジムでお金を払って歩いている方もいらっしゃるのに、私はお金を頂いて歩かせて頂いている。

これを機に、体力もつきそうだし、いいことばっかりだったわ。

やらされると思っているととられているみたいだけれど、「させて頂いている」と思っているときは、すでに「頂いている」のだと誌友会で先生はおっしゃっていたではないかいな。

忘れるのも早いが思い出すとすぐ変更、

そこからは、「無限供給、ああ、無限健康、体力無限、ありがたいありがたい」と(あたりに注意しながら)一人の時は、唱え、一軒一軒のお宅を、生長の家で訪問するときのように

「ご家族が皆さんお幸せでいらっしゃるように・・・・」と祝福するようにしました。

すると、すれ違う人までいとおしくなります。

お幸せに~♪と手を振りたくなる

あっという間の3時間でした。

午後は、実家の母に昨日渡せなかった「サンパチェンス」(二酸化炭素を沢山すってくれるお花です)を渡しにいって、一緒にランチ。


実家でうとうとお昼寝してしまいましたが、

現在体力増強中ということで、よしとしよう

人様を祝福させていただけるって、最高のお仕事です。

今までは、無限供給というと、自分の都合のよいことや、お金や物ばかりを描いていましたが、違っていたとわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

誌友会にて

「何かをやめて、調節しないと・・・」

私の中ではまだそんな発想がうごめいておりました。


でも、お話を伺った先生は、


白鳩会副会長という多用なお役目の中、


派遣にいかれ、会議に出席し、

地元では、跡継ぎの支部長さんも育てられ、

その方とは、又別の若い方に、支部長さんをお願いしようとうきうきと描いていらっしゃる。


また、早朝神想観の会を毎週土曜日に開催されることにしたそうです。


さらに、時間を選んで、ご主人と映画を観る時間も作り、

お仕事もされ、

遠方に一人暮らしされている娘さんや息子さんともちゃんとコミュニケーションをとっておられる





「ただ、出せばよいというのはない、智慧を尽くして出させていただくのですよ」
と生命の実相の29巻のお話を例にとって話してくださいました。

ここのお話は私もとても心に残っていました。智慧と愛と生命がないと、ただ出すだけでは無限供給にならないということが、対話の形式でわかりやすくかかれています。帰ってもう一度読ませていただき、ああ、これは、お金や物のことだと思って今まで読んでいたけれど、時間も、同じことなのだわ、と今頃気がつきました。(^^;)


きらきらと心に響いた先生のお言葉メモです~♪

◇心を平和に保つには

・・・・・今ここに神が そして今ここに 天国がある  それを観じること。神想観ですね。

◇ユダヤ人は、お金だけでなく、労力も、時間も、すべて、10分の1を神様に捧げるのです。

◇大根一本でも、ただもらうのではなく、無限供給で頂いたのです

  お仕事も、大変じゃないんです。無限供給で頂いたのですよ

◇棚からぼた餅というけれど、まず、ぼた餅が棚の上に置かれていないと置かれていな  いと、落ちてもこないのです。(ホントだ!)徳を積ませて頂きましょうね。

◇会長はあれだけ活躍されながら、いまだに新聞のお仕事もされているのですよね。

本当~に、無限力なんだなあ~




行き詰まらないんだ

まだまだ大丈夫

すべてよし


研鑽会のフォローをして頂きまして、ありがとうございました。

7月の母親教室の発会式は、会長がご指導に来てくださるそうです。

きゃ~!ありがとうございま~す。 (^人^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ぐんぐんかわる

この春、

長男が部活に入りました。

ハンドボール部ですって。それも、結構ハードな部活らしい・・・?

中学3年間「俺は入らない」といいきり、ほんとうに何もしなかった長男。

友達ともたま~にしか群れないし、家でまったりしているか、ばあちゃん宅でまったりするのが大好き。「ああ、古い家って、落ち着く~」なんて、いいながら、祖母の家でくつろぐ子で、中2まではほとんど毎日家にいました。(なにか、お姑様のような存在で・・・笑)

それが、今では、毎日学校の周りを8周は走るそうな(結構広い学校にみえますが、一体何キロ?)

それも時間制限ありらしい

でも、何故か彼は一年生で一番早いらしい。

一緒に入った(誘ってくれた)友達くんは、あまりにキツイのですでにやめてしまったそう。



彼は昔、どうやって楽をしようかと頭をひねる小学生だったので、

主人と私は、ひそかに「カツオくん」と呼んでいた


「楽をするために、きっと大きな発明でもするんじゃないか」

などと、担任の先生にも期待された長男  (;^_^A 

私も「楽をしたいと人類は色々なモノを発明したんだしねえ」などと期待?しておりました。




きっと、やりたいことができたらそれを一所懸命やるだろうとも思ってはいましたが、




いやあ・・・・生命は伸びるもの。向上したくてたまらない。

何をしなくても、伸びていく、生長していくのでした。

私は、ただただ、びっくり、尊敬です。



ただ、

「お母さんも、少しは走ったら??」と言われるのがコワイ。

「そうよねえ、へへへ・・・・」とごまかすうっち~でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

感想文

昨日は宇治で行われた全国幹部研鑽会に参加させていただきました。

谷口雅宣先生と純子先生のお話を伺って、復活!したうっち~です。

バスの中で感想文を書くようにと用紙を頂いたので、忘れないうちに書きました。そのまま転記させていただきます。




全国幹部研鑽会を受けての感想

 合掌ありがとうございます

 小学校6年生の時に初めて、青年会の全国大会に参加してから、ほとんど毎年、全国大会には参加させて頂いています。いつの頃からか、毎年この大会で、総裁先生(副総裁先生)のお話を伺うことで、自分の信仰のブレを修正して頂き、新しい年度に、どのような方向に向かって光明化運動をするのか、を定めていく、全国大会は私にとって、そのような場となっておりました。

直接総裁先生が、私に「こうしなさい」とご指導くだっていると思って聞いていました。そして、それは、白鳩会に入れて頂いて、幹部研鑽会と名前がかわっても、かわってはいませんでした。

 参加するまでは、年度がかわっての変化や、地域のお役や子どものことで、気持ちが振り回されている私だったので、ここに参加する段取りだけで精一杯で、先のような気持ちはすっかり忘れてしまっていました。けれど、雅宣先生と純子先生のお顔を拝し、オープニングの日々の祈りの朗読を聞いているうちに、涙があふれ、色々なごちゃごちゃとした自分が、ざ~っと流れ落ちていくようで、本当の自分が戻ってきたような気持ちにならせていただきました。

 同じ世代で、私よりもっともっと無限力を出され、喜んで、この運動に取り組んでおられる方の事例を聞き、「ああ、そうだ、人間は神の子だから、無限力だった。私にもできるんだった。無理だと思ったのも、しんどいと感じたのも、本当にはなかったんだ」と思いました。

 純子先生の「現象に感謝するのではない、今ここに神の子として生かされていること」「絶対善の世界をみつめる事です」などのお言葉に、心が洗われていくようでした。

 雅宣先生は、「世の中に満ちている真象を発見するだけでなく、行動する事で現象を変えていく」とおっしゃいました。「どんな困難な時代に生きていても、それは縁である。(因ではない)神性・仏性を発揮させることができる 」ともおっしゃいました。

色々起こること、自分が至らないと感じる出来事、これらは、因でなく、神性を発揮するための縁であったのですね。行が出来てないから、こうなのではないか、もっとこうしていたらよかったのではないか、ではなかった。 マイナスに感じる私も、神性を発揮するための縁だったんだ。と救われた気持ちになりました。そして、やはり行が大事だと思いました。私は光明化運動が大好きで、PTAも子ども会も光明化運動だとわかってお役を受け、できないと思ったお役もできるようになる過程がいいのだと「拝」をしたのでした。そんな自分を思い出しました。

 私は支部長ではなかったので、対策部長を拝命していなかったら、この研鑽会には参加できていませんでした。連合会長がお役をくださったお陰です。ありがとうございます。今の状態では、対策部長と会場リーダーで精一杯だと思っていましたが、素晴らしい事例を伺ううちに、支部長をさせて頂きたい、そして壮年誌友会を開催したい。総裁先生がおっしゃったように、「独創力を発揮して」B型誌友会も取り組みたい。と思いました。母親教室の発会届けは提出したので、まずは7月に発会いたします。

 帰りのバスの中で、形を取り繕うためでなく、本当に楽しい活動をしましょうと、総連会長さんとお話ししました。楽しいというのは、らくなだけでなく、努力を伴うのだと、純子先生が普及誌に書かれていましたが、娘のソフト部でも顧問の先生がそう指導されています。(子どもの部活用Tシャツにもその言葉が書かれており、娘はあちこちに貼っています)伸びて行く過程をその努力を楽しむ活動をしていきます。

 本当にありがとうございました。



ということで、素晴らしいタイミングでパワーを注入して頂き、復活いたしました。
相手はかわらない、自分がかわる。ここですね。

さあ、新生うっち~、新たに出発です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »