« 無限供給 | トップページ | てんつくマンのメルマガ »

元気になあれ♪

今日は、私より3年早く青年会を卒業されて、白鳩会の会員となられたKさんと20分間

一緒に「白鳩」誌を読んできました。

Kさんは、舅さんやご主人は生長の家をご存じないため、はじめは私と2人で輪読会をして、その後、お子様を授かり、誌友会をさせて頂けるようになり、青年会員となられた方でした。

元々、線の細い、身体も細い方でしたが、

とんとご無沙汰しているうちに、体調がわるくなり、お会いしないうちに、軽いうつ状態になられていました・・・・

白鳩会の支部に入られたので、大丈夫だわ~なんて思っていたので反省でした。

何をして差し上げたらいいのかな、と思っているうちに瞬く間に時間がすぎてしまっていました。

彼女は、小学生のお子さんの学校へ行ったら、翌日はばったりと寝込んでしまうそうで、

食事作りも、ままならず、部屋の片づけもできない。

色々お話したけれど、その日を過ごすのが精一杯で、練成へいく気持ちにもなれないし、

すご~くご近所に支部長さんがいらして、誌友会も開催されているのだけれど、

そこに1時間参加しただけで、ふらふらになってしまうというのでした。


何もできないまま

Kさんのことを祈っているうちに

最近になって、ふと、思い浮かんだのは、

「輪読会」でした

外出できなくても、輪読会なら、10年ほど前に2人でやっていた。

そこから又はじめたらいいのでは♪

そう思って、「時間があいたとき、電話するから、玄関先で10分間だけ輪読会しない?」

と声をかけたら「それくらいなら・・・・・」と承諾してくださいました。




今日は、小学校のPTAの役員会があったので、その帰りに、電話をしました。

玄関先でといっていたけれど、お部屋に通してくださり、そこで清超先生のご文章をよみました。

「落ち込んだ時、どうしようもなく悲しくなってしまったとき、そんな自分の感情に従ってしまわずに、大きな声で、感情をこめて、身振り手振りをくわえながら聖典を読むとよいですよ」

と前ヤングミセス担当のミセス様は教えてくださった。

これを実行して、私は何度も救って頂いた




舅さんがみえるので、身振り手振りや大きな声では難しいですが、

気持ちをこめて、貴女は大丈夫、という思いをこめて、読ませていただきました。

これからも、たびたび、お邪魔させて頂こうと思います。




Kさん

きっと、大丈夫だよ。

あなたは神の子だから


きっと元気になるよ~!!

|

« 無限供給 | トップページ | てんつくマンのメルマガ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

しじみ様

>光が入ってくる。。。

しじみ様が、こう書いてくださって、

「そうそう!そんな感じ!満たされていく。温か~くなる」と嬉しくなりました。
ステキな表現をしてくださってありがとうございます。

10分、15分というのは、私にとってもありがたい時間です。1時間、2時間はとれないけれど、お互いに10分程度長くて20分なら、ちょうどいいんです。

「お茶もいらないよ~。マイボトルもって歩いているからね~」なんて言って。(笑)
外歩きの仕事なので、本当にマイボトルもっていますし、仕事が終わるのが1時過ぎが多いので、家に帰る前によれる。

時間は作るモノ!と気負っておりました私ですが、気負わなくても時間は作れるんだ~、と発見した気持ちでもあります。

させて頂くと、半分は「頂く」のだと講師の先生がおっしゃいましたが、本当だわ~っと実感です。

投稿: うっち~まま | 2009年5月17日 (日) 21時56分

きょん様

>ある方と私の空いている日は全て輪読会をしているんです。

まぁあ~!それは素晴らしいです。
きょんさんって、本当に親身になってお世話されていらっしゃいますね。
それに、『人類無罪宣言』はよいですね。

今度プレゼントして、その本にしてみようかな~。


私は、以前は因果の法則でつい、ぐるぐる回って自分が悪い、で終わってしまっていたのですが、

「病も罪も、本来なし。善のみ、愛のみ、神のみがある」が本来の姿であるから、

その悪い私は本当にはない、あるのは素晴らしい神そのものの私だけ、そこを喜んだらよい、ということが、やっとお腹に入るようになってからは、輪読するだけで、もう嬉しくて、ありがたくて仕方なくなりました。

生長の家は本当に素晴らしいですねえ。

輪読をすると、私も光を頂けます
Kさんも光
光と光が輪読しているかんじ・・・・温かい満たされた時間です。Kさんのお陰ですね。

お互い、満たされた良い時間がもてて幸せですね。

投稿: うっち~まま | 2009年5月17日 (日) 21時50分

大平様

お久しぶりでございます。(≧∇≦)/
今年は青年会の全国大会に行けなかったので、(年齢制限「ぴー」でございます・・笑)
懐かしい青年会の香りに、嬉しくて仕方ありません。

代わりにといってはなんですが、高校1年生の長男が我が家の代表で参加させて頂きました。
熱心にどなたかを誘うという子ではないのですが、彼がいる、というだけで、横つながりで来てくれる子もいて、何をしなくても、いるだけで素晴らしいのだなあと、改めて感謝しています。

つい嬉しくて、違う話題で失礼いたしました♪

なんかですね。青年会の方々が活き活きと活動されている姿を機関誌で拝見したり、教区で目にしたりすると、むかし白鳩会のおばちゃん達が目を細めて「素晴らしいねえ」とおっしゃって下さった気持ちを今、よ~く理解できる気がするうっち~でした。

投稿: うっち~まま | 2009年5月17日 (日) 21時32分

しじみ様
すべての人の奥底には罪の意識というものが深く刻まれているそうです。そして、この罪の意識、罪をつぐなわんとする良心的な念願で内部から病気をこしらえるらしく潜在意識はそれを楽しんでいるんだそうです。不思議ですよね!潜在意識を清め罪の意識を消すには、実相を観ずること、我、神の子の自覚・・・神想観なんだそうです。浄心行もいいですよね。もし、現象的に迷いが現れたときは、自分はまだまだだなどと自己処罰せず、過去の想念が形になって消えゆく姿と・・・それに心惑わされずそのままを受け入れ、本当の我は神の子なり、罪なし、病なし、迷いなしと心を平静に保つ事がとても重要のようです。『人類無罪宣言』お勧めです。読んでいて嬉しくなりますよ!悩んでいる相手のためであるようで自分もとっても勉強になり、相手がパワーダウンしていれば、常に光明思念を送ってあげられますから・・・しじみさんも頑張ってみてください!
2人の輪読は相手の体調のペースで臨機応変に出来るから体調の悪い相手にとっては気持ちを楽にしながら進められて負担にもならないようです

投稿: きょん | 2009年5月17日 (日) 21時28分

うっち〜まま様
きょん様

私は、自分が同じような精神状態になることがあるので、
体調や精神状態に合わせて輪読会を一緒にしていただくことが、その方達にとって、どんなに嬉しいことだろうかと身にしみます。光が入ってくる。。。

また、今私も、お一人どうしても気になっておられる方がおられます。
そうかあ。10分でも15分でもよいんですよね。
今度お声かけてみます。

投稿: しじみ | 2009年5月16日 (土) 19時57分

うっち~まま、私達って本当にお世話をさせていただく方も同じような時期に同じ方なんですね。親近感を感じます!

実は、私もある方と私の空いている日は全て輪読会をしているんです。
其の方も外出できないほどに精神状態が悪くなっていて病院の先生から「あなたは薬を使わないといけない限界に来ている」と言われたらしく相談されました。
私は、必ず生長の家の真理の人間神の子の自覚で乗り越えられるから大丈夫と励まし始めたものです。
彼女の精神が悪くなった原因は自己処罰から来ていると思ったので『人類無罪宣言』を輪読しています。そうとうにいいですよヽ(^o^)丿
彼女は会うたびに顔が晴れやかとなっていってます。今日も10時から2時までお昼をはさんで行いました。明日も予定してます。当日の朝の体調で決行するかは決まるのですが・・・外出できるという自信にも繋がって行っているので我が家でいつも輪読してます。内容が素晴らしいから私もかなり刺激を受けてます!輪読楽しいですね。

Kさんとの輪読がんばってくださーい!
きっとKさんにとってのうっち~ままさんは光だと思います

投稿: きょん | 2009年5月14日 (木) 21時41分

うっち〜ままさんのあったかいこころがあらわれている記事ですね。
私のこころもあたたまりました。

投稿: 大平收一 | 2009年5月14日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138353/29597221

この記事へのトラックバック一覧です: 元気になあれ♪:

» 同級生の妹さんが作家デビュー [日 本 の へ そ 北 播 磨 か ら 世 界 へ]
童話「雨ふる本屋」で兵庫県多可郡多可町の女性、作家デビュー   兵庫県多可郡多可町加美区の日向理恵子(本名・高木理恵子)さん(24)が「雨ふる本屋」(童心社)を出版し、童話作家として“メジャーデビュー”を果たした。少女を主人公にした心温まるファンタジーで、表現や言葉を練りに練った作品。「読む人の人生を豊かにする本を書きたい」と日向さん。夢の世界への案内人として、歩み始めた。  幼少時から絵本に親しみ、小学4年の時に、夢があふれるファンタジー小説の魅力にはまった。創作も始め、高校時代には本名で、幼なじ... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 22時44分

« 無限供給 | トップページ | てんつくマンのメルマガ »