« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

必要な方のところへ~♪

断捨離にはまって、モノの自分との関係を問い直している日々です。

「もしかして、いつかいるかも・・・」というのはやめよう、

「このモノは本当に私に必要?」と問うて、うちにはいらないけど、捨てるのは勿体ないと思ったら、

「では、これが生きるのはどこ?」と考え、とにかく声をかけるようになりました。

すると・・・

①ずっと押し入れに入っていた座布団10枚→ヤングミセスのお友達が夏からずっと、購入しようかどうか思案していたので、差し上げることに。

②クジで当たった電気鍋→今までなら、とりあえずとっておく私ですが、今の我が家では使わないと思ったので「いりませか?」と声をかけていたら、2日後、叔母が「家にあるのが壊れて、買おうかどうか迷っていたのよ」との返事。叔母宅へお嫁入り決定!

③女の子130㎝・160㎝の水着、比較的綺麗な体育館シューズ→女の子が二人いるお友達にきいたら、それ欲しかった!と即お渡し。

④スキーウエアは、リサイクル屋さんでも、無料でも、なかなか引き取ってもらえませんでしたが、スポーツ店で、状態の良いものはリユースしてくださり、駄目だったら、カバーに作り直すなど、している所を名東区で発見し、そこへ持ち込みました。

⑤綺麗な子供用スキーウエアは、あまりに新しいので、出しそびれていたら、久しぶりにふと我が家にきてくださった誌友さんとお茶のみ話しをしている中で、「欲しい!」と言っていただけて、生かすことができました。

⑥資料を頂くときについてくるクリップ!たまってしまったので、教化部へ返却!

・・・・こんなふうに、ちょっと見直して、手放そう!と決めたら、ちゃんと必要としてくださる方が現れます。家も少しずつすっきりしてきますし、うちの三階(屋根裏の別名です)にただ置かれるだけよりも、きっとモノ達も嬉しいに違いないと思うとこちらも嬉しい♪

私が捨てて、その方が購入するよりも、エコだな~.+:。(´∀`)゚.+:

偉いぞ私!と、過剰なまでの自己讃歎(マイブームです)をしながら、

「だんしゃっ」ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やってしまった

生長の家のボランティア講師にならせていただいて22年

初めて(多分、おそらく、はい、きっと・・・やってないと思うけどな~)

誌友会の派遣の日を間違えました。(;^_^A 

事前の電話確認の際、リーダーさんも、「7日・・」と申し上げた部分だけ聞き逃されたようです。

でも、一宮(知らない方すみません)へ行くところ、

名古屋駅で発覚したので、セーフ(??)

片道で400円の切符を購入しましたが、

そのままUターンしたら、駅員さんが往復切符として扱ってくださり、

大感謝~(≧∇≦)/

本当の派遣日は、明後日なので、セーフ

・・・・ああ、よかったよかった。

こんなことがあると、数日間落ち込んでいるのが常の私でしたが(笑)

ちょびっと切り替えが早くなり

「おお~!突然の休日(≧∇≦)/」と言えた自分が成長したみたいで嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「怒るとね、相手も自分も気分わるいじゃん」

とは、我が家で一番元気な末っ子の台詞でした。

昨晩、長女(中3)が末っ子くんの自転車を勝手に乗っていき

鍵をかけないで、お店の駐輪場にとめて、自転車がなくなってしまいました。 bomb

4番目の末っ子たぁくんは、いつも何でも、お兄ちゃんお姉ちゃんのおさがり。でもそういうことには頓着しないので、ありがたく思っていたのですが、さすがに中学へ通う自転車くらいは・・・と思って、ちょっとはそっとでは壊れないように、丈夫なウン万円の自転車を買ったばかりでした。

長女は根は優しいけれど、たぁくんをいわゆるパシリのように自在に使います。で、たあくんは、お姉ちゃんが大好きであるけれど、兄弟で一番恐い人だということもよ~く知っている。

なので、いつも「返事ははい!即座に走る」のです。

いくら大好きな姉でも、こりゃあ たぁくんショックだよなあ・・と思う気持ちと、勝手に乗っていった上に、鍵をかけない。それに、門限は無視!のような行動に激怒していた私は、辛辣な言葉を娘にあびせかけ・・・・

とにかく弟にあやまることと、しばらく学校以外は自転車は弟優先にしなさいといいました。

今朝になって、無言で娘に催促し、長女があやまるとも言い訳ともつかないことをもうしますと、

「そっか~、う~ん、もういいよ~」というような、おだやかなたぁくんの返事でした。

間のぬけた私は、

「エライねえあなた、怒らないんだねえ・・・」と感心すると

彼が言ったのが、タイトルに書いた台詞でした。

それに

「それに、怒ったって自転車は帰ってこないでしょう?」と

この言葉は津波のように私に押し寄せ・・・・・猛烈に反省!!thundercrying

そう、怒るときは1分以内って、ジョンギャスライトさん言ってたよね~。

もう反省しているのに、それ以上言ってナンになる?って

ごめんなさ~い。神様すみませ~ん。

・・・・・・でもね、怒らないって、すごいです。

さっき電話があって、「お宅の自転車がうちの店の前にあります」と。

平静だから、ちゃんと当たり前にもどってくるのですね。

そうだよね「ぼろぼろになってかえってくるのだけは嫌だな~」と

ささやいていましたので、ちゃんとその通り。

さすがだよ、たぁくんお母さん、負けたよ。

あなたの方が大人です。尊敬します。

反省と感動の嵐に涙目になっている私に、彼が最後に一言

「だって、戻ってこなくて、買わなくちゃいかんくなった時、お金だすのお母さんだもんね」とにっこり

・・・怒った母のフォローまでありがとう。

というか、そこまで考えて怒らなかったアナタは賢いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »