« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年2月

bestでなくっても・・・♪

bestでなくても、

昨日より少しだけでもbetterを積み重ねていくことで

いいんだと

・・・そう教えて頂いて、

今日からbetterで行こうと決めました。

今までよりちょっとだけ、自分をゆるめて、

今を大事にしよう。

きっと私も抱きしめてほしかったから

朝一番に次男くんをめいっぱい抱きしめて

たあくんと会えてよかったよ

生まれてきてくれてありがとう・・・って。

満面の笑顔ででていく彼を見送りました。

午後は派遣です。

昨日すっかり遊んでしまったため、頭は白紙ですが

テキストをひらく前にウォーミングアップ

何をするかというと・・・・

ビリーブートキャンプよろしく

EXILEのダンスを踊る。

実は、ほぼ毎日、長男長女、

それから、時々シンタローくんが、うちで

ダンスの練習をします。

とりわけシンタローくんが熱心に。何度でも練習します。

青年会の教区大会で発表するためらしいのです。

長女は大変教え上手。

長男も「い○○先生」と呼ぶくらい丁寧

なので、長女とシンタローくんが練習しているのを、

じっとみているうちに、私も覚えてきた(笑)

いや、踊りたくなってきた。

実際は踊れてないけど。(笑)

まあ、うちのリビングで踊るくらい、

誰にも迷惑はかけないだろう

(あ、シンタローくんはきっと迷惑だけどね~)

長男も長女も寛大な気持ちで見逃してくれている。

ということで、一緒に踊る仲間のために撮影した

ビデオをみながら20分くらい踊るのでした。

練習というは素晴らしいもので

まったくついていけなかったどころか、

どうしてんだかわかんなかった動きがわかってきて

清超先生が「練習したら上手になるんですよ」とおっしゃっていたことが実感できます。(それは神想観のことでしたが・・・f^_^;)

10分も練習したら、寒がりの私もぽっかぽか。

これで、ストーブはいりません

ねらいはここです。

さあ、切り替えて、勉強いたしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひとりごとです♪

良く言うと、情緒豊か

普通に言うと感情的で主観的な私です。

もうそんな多感なお年頃でもないはずなんですけれど・・・(^^;)

ひどく自分の感情に振り回され、

何故こんな思いが湧いてくるのだろうかと

いたたまれない気持ちになっていました。

祈り、聖典を読んで、こんな時こそジョイだ!と、無理矢理(笑)書く、

書いても、なんだか上辺だけみたいだな~などと思う

いかん、これはあかん。

ああ、1人芝居のような私。(自分でも笑えます)

でも、生長の家はありがたいですねえ。

そんなんでいても、やるべきことは淡々とやる。

それは練習してきたからか(嫌、年齢的にはあたりまえか)

サクサクと会議資料や、その他資料を作り、事務局に送る送る。

もやもやしていても、それなりにアイディアは浮かぶじゃないか

偉いぞ うっち~と、日時計日記にも書く。

そしたらね、

今日、生命学園の帰りに運転していて、

すとんと、胸におちてきました。

「ああ、あの時のあの人が今の私かもしれない」

相手を傷つけていたかもしれないな~と思いながら

それほどにも、悪いと思っていなかったことが

ぽろぽろと思い出されてきました。

それを思いだしたら、

どうにもならないような執着の気持ちが

ふっ~と、軽くなりました。

練成で指導していただくとき、

よく、辛い気持ちを経験をされた方に「その時にあなたがお母さんに味あわせた気持ちを、今度はあなたが味わったんだよ」というようにおっしゃることがありますが、

その人の立場?になって味わってみる経験だったかも。。。

と観るところを変えたら

あら不思議、

嘘のように波立たなくなりました。

めでたしめでたし。

さあ、夕食を作りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーモニー

時々ふらっと、映画をみにいくことがあります。

先日みたのは「ハーモニー」

女子刑務所に入っている人たちが合唱団を作る話だったので、

「歌!いいなあ。楽しそう。元気でそう!!」

などと思ってみはじめたのですが、

ポスターをちゃんとよんでなかったかもしれない私。

もちろんそういうシーンもあるものの・・・

刑務所内で出産したお母さん

規則で18ヶ月までしか所内では育てられない。

親戚にあずけるという方法もあるけれど、

子供の将来のために、他人に養子にだす

・・・・というお話でした。

 

ドラマにでも何でも、すっかりはまりこんでしまう私は

涙涙であまりに泣いて、すっきりを通り越して、泣きはらした翌日みたいな状態になってしまいました。

そんな状態の中でも

いつも映画やドラマをみるとしみじみ思うのは

どんなお話でも、この世界の法則がちゃんと守られていること。

与えた物は与えかえされ、幸せになる人はなるべくしてなっていく。

どんな人も皆、ちゃんとこの法則をわかっているんだな~などと、

納得します。

我が子を手放したくないのはどの母親でも同じだけれど、

この子のためにはそれが一番、と放すお母さん。

とてもとても美しい姿です。

私も美しく生きたい。。。そう思う映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »