子育て

「怒るとね、相手も自分も気分わるいじゃん」

とは、我が家で一番元気な末っ子の台詞でした。

昨晩、長女(中3)が末っ子くんの自転車を勝手に乗っていき

鍵をかけないで、お店の駐輪場にとめて、自転車がなくなってしまいました。 bomb

4番目の末っ子たぁくんは、いつも何でも、お兄ちゃんお姉ちゃんのおさがり。でもそういうことには頓着しないので、ありがたく思っていたのですが、さすがに中学へ通う自転車くらいは・・・と思って、ちょっとはそっとでは壊れないように、丈夫なウン万円の自転車を買ったばかりでした。

長女は根は優しいけれど、たぁくんをいわゆるパシリのように自在に使います。で、たあくんは、お姉ちゃんが大好きであるけれど、兄弟で一番恐い人だということもよ~く知っている。

なので、いつも「返事ははい!即座に走る」のです。

いくら大好きな姉でも、こりゃあ たぁくんショックだよなあ・・と思う気持ちと、勝手に乗っていった上に、鍵をかけない。それに、門限は無視!のような行動に激怒していた私は、辛辣な言葉を娘にあびせかけ・・・・

とにかく弟にあやまることと、しばらく学校以外は自転車は弟優先にしなさいといいました。

今朝になって、無言で娘に催促し、長女があやまるとも言い訳ともつかないことをもうしますと、

「そっか~、う~ん、もういいよ~」というような、おだやかなたぁくんの返事でした。

間のぬけた私は、

「エライねえあなた、怒らないんだねえ・・・」と感心すると

彼が言ったのが、タイトルに書いた台詞でした。

それに

「それに、怒ったって自転車は帰ってこないでしょう?」と

この言葉は津波のように私に押し寄せ・・・・・猛烈に反省!!thundercrying

そう、怒るときは1分以内って、ジョンギャスライトさん言ってたよね~。

もう反省しているのに、それ以上言ってナンになる?って

ごめんなさ~い。神様すみませ~ん。

・・・・・・でもね、怒らないって、すごいです。

さっき電話があって、「お宅の自転車がうちの店の前にあります」と。

平静だから、ちゃんと当たり前にもどってくるのですね。

そうだよね「ぼろぼろになってかえってくるのだけは嫌だな~」と

ささやいていましたので、ちゃんとその通り。

さすがだよ、たぁくんお母さん、負けたよ。

あなたの方が大人です。尊敬します。

反省と感動の嵐に涙目になっている私に、彼が最後に一言

「だって、戻ってこなくて、買わなくちゃいかんくなった時、お金だすのお母さんだもんね」とにっこり

・・・怒った母のフォローまでありがとう。

というか、そこまで考えて怒らなかったアナタは賢いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よいことばかりの一日

今日は、生命学園の卒園式でした。

3歳から9年間お世話になった娘が卒園。

1月末から、自分達で、何かしようと話し合い「現代版桃太郎」劇を保護者や来賓の方々に見て頂きました。

脚本から何から、子ども達が主役の出し物です。

なので、内容はオレオレさぎ、オレオレさぎにあったおじいさんおばあさんと桃太郎はどうなってしまうでしょう・・・!というお話。

お話の流れが突発的だったり、台詞が小さな声になってしまう所などはありましたが、高学年の園児さん達が自分たちで考えて、話し合い、内容を決めて、それを、小さな年齢の子達にもできる役目を考えて、工夫して、準備して、発表する、という行程を経験できたことは、素晴らしい勉強だったと思います。

それに、けっこううけていました。(笑)

・・・・温かい目と広い心で支えてくださっていた先生方、ありがたとうございます。

卒園式のために、長女のソフトボールの大会は応援にいけなかったのですが、おかげさまでチームは優勝。さらにありがたいことに、娘は最優秀選手に選ばれ、表彰されて帰ってきました。

毎朝暗い時間から夜暗くなるまで頑張る娘です。

努力は裏切らない。

どんどん生長する娘を尊敬します。

長男は、幹部研修会から帰宅。目に見えないし、何も話しませんが、何よりも貴い宝物を沢山沢山、頂いてきたことでしょう。

お世話下さった青年会の皆様、引率してくださった皆様、ありがとうございます。

次男は、灰谷さんの本を読み聞かせるうちに眠ってしまいました。

私は私のすべきことで精一杯で、なかなか子ども達のことに頭も手も回っていないのですが、

親はなくても子は育つ !

というか、子ども達の方がちゃんと、自分のすべきことをちゃんとやっていますねえ。

親は身の回りのお世話はさせていただくけれど、後はよけいにかまわず、自分の使命を精一杯生きるのだ。


そのような思いを新たにした、よいことばかりの一日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新チームスタート

誤解したり、怒ったり、色々あったあげく

今年度、転勤されたN先生が、ソフト部にとおいていってくださったバットを持っていってしまわれたそうです。



この一年間の間に、同級生のお父さんが、かなりご無体なことを先輩キャプテンママやN先生懇意のコーチにいったとか、

ありえない態度をとったとか、

今年度から、顧問のS先生が、お世話になったコーチを断ってしまった、とか

あれこれあれと、理由は沢山あるようです。



そんな状態で始まった新チーム

娘は副キャプテンになりました。


うちのチームは、子どもの役職と親は連動しますので、

私も副キャプテンということになります。




今日、はじめて、現在の状態と娘の役がきまったことを聞いて、

かなり動揺し、

先輩ママと同級生父母とのいざこざがこんな形ででてくるような大きなしこりになっていたことにさえ気がつかなかった自分を


ど~んと反省しました・・・・


よくわからない、といいわけして、部外者の顔をしていたなあ・・・・私(><。)。。


いたたまれず、

その足で、子ども達が練習している学校へ行きまして、

一所懸命練習している彼女たちをみているうちに・・・・段々、心が落ち着いてきました




S先生はソフトボールは素人で、N先生と同じようにできるはずはないし、

すべきでもないと思う


部活で先生が子ども達に伝える事は技術だけではない





指導者が変わることで、やり方がかわることは当然なのだから


先輩方がいなくなられ、以前のやり方のままではやれないと判断したS先生は、変えようとされているのだ。

素人なら、素人にできることをしましょうと、先日の打ち上げで話していましたもんね。





まだ23歳、教師2年目のS先生は、S先生なりに、一所懸命悩み、考え、子ども達のためにこれがよし、と行動されているに違いない

きっと、娘達は大切なことを学ぶのだ。


そう信じよう!





そう決意したら、すっきりしたので

アイスを差し入れして、帰って参りました。



さあて、

すっかりインドア派と化したうっち~が、

アウトドアに転じて、グランドですごす週末がはじまります。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

勝った~♪

娘の学校のソフト部の、県大会出場が決まりました!

市総体の、準決勝・決勝は、まだですが、先日勝って、市でベスト4になったので、ここで県大会出場は確定なのですって!

試合当日は、高校生になったOBの先輩方も、そのお母さん方も、転勤された元顧問N先生も、皆さん応援にきてくださいました。

ずっと前、昨年、練習試合をしたときは、負けた相手だと娘から聞いていましたし

ピッチャーは肩を痛めている

娘は、数週間前から肉離れで治療に通っていて、足をかばうためか、走るのが遅くなり、さらにスライディングも下手になっているともらしていた



が、

試合が始まってみると、手前みそながら、素人の私からみても、断然うちの子たちの方がうまい!確実。

打つのもすごいが、守るのも的確・・・・・!

なんとまあ、素晴らしい早さで上達していく子ども達でしょう!!!





朝5時、出かける1時間前には自分で起きて、準備していく娘です。

一応女の子なので、私は色々とうるさいことも申しますが、



指を骨折して、全然ボールがもてなくても、

あちこちが痛んでも、

肉離れを起こしても、

熱がでても、

何があっても、

入学してからここまで、授業も練習も学校やほぼ毎日の朝練を、休まず、遅刻せずにきました。

彼女の努力は並大抵ではない・・・・と尊敬してきました

親族旅行にもいかず、遊びにもいかず、ただただ毎日練習してきた




無駄な努力はない

ああ、そうだ。貴女はそこを生きている

そんな今までの日々を思い出しながら、

本当によくがんばったねぇ・・・・・・そんな事を思いだしていると、涙がでてきてしまいました。

この日、彼女は、ホームラン1本を入れて、4打席4安打

走るのが遅くてもホームランなら大丈夫!娘だけでなく、誰かが、打つたび涙、ボールをとるたび涙。(笑)

みんな素晴らしい活躍で、試合は13-1のコールド勝ちでした。






試合後、バッティングコーチをしてくださっている、OBのお父さんと話をしたら、

「昨日まで一番調子が悪くて、練習でただ一人、一番打てなかったのがいくみだったんですよ。」とおっしゃる。

「え?そうだったんですか?」と聞くと、

「隠れて一人で泣いているので、どうしたんだ?打てんでくやしいのか?と聞くと、泣きながら“はい”と言ったんで、他のメンバーとは別メニューで、1時間半、打たせたんです」

・・・と

そのお話をきいて、またもや号泣

(よく泣く母娘です)




なかなか、娘にかかわってやれないなあ、申し訳ないなあと思っていたけれど

娘は沢山の先輩や他の方のお父さんお母さん、友達、先生に支えられている。

私が、そばにくっついていても、到底できないことを、他の方がしてくださっている。

それは、彼女が一所懸命だから。努力するから。頑張っているから。

ソフトだけでなく、相手のアドバイスを真剣に聞き、本気でうまくなりたいと願い、行動しているから。

私は、

できないことを嘆かずに、

できることを真心こめて、そして、できていることに感謝していこう。




直接娘にできることなど、しれている。

私が真心こめて生きていけば、ちゃんと、めぐりめぐって、必要なことは与えられるのでした。

ともすると、それを忘れてしまう私に、娘が、周りの方々が教えてくださいました




県大会での優勝は勿論目標。どころか、全国大会を目標に頑張っている彼女達ですが、
応援できるだけで、幸せです。





・・・・そうそう、色々なお母さん達の確執も、なくなった訳ではないのですが、

皆がよくしよう、強くなろうとしていて、向上していく中で起こっていることで、いいことなのだとわかったら

全然気にならなくなりましたし、色々な言葉もマイナスに感じなくなりました。

全ては自分次第ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いいひとばっかり♪

実は、10年以上前から、実家の父母・兄・弟二人と毎月1家族2000円の積み立てをしていました。

年月とは素晴らしいもので、「もうウン十万円くらいたまったから、旅行に行こう」と義姉が声をかけてくれて

土・日と1泊で浜名湖へ行かせてもらってきました。



でも最初、困ったと思ったのは、ソフト部に入っている長女のこと

ソフト部は休みなんてないし、第一娘は、体調が悪くても休まない子です。

そんなこともあって、今年の夏はキャンプもお断りしたのだけれど、

この調子だと、ずっといけなくなるなあ・・・・でも、息子と違って、娘は一人で自宅ではいられないだろう。(数年前に空き巣に入られてから駄目なようです)



どうしたものか・・・・・と思っていたら、


助け船があらわれるように、同じソフト部のお母さん、Kさんが、快く泊まらせてくださることになりました。



Kさんは、4年前に一緒に子ども会の学区役員をやった方で、とっても気っ風のよい方です。

くじで副会長になった私を立て、気後れして、とまどっている私をいつもサポートしてくださいました。


縁あって互いの娘がソフト部に入部したため、再会。

4月から、ずっと、子ども会行事や生長の家の行事で土日に車だしができない私をフォローしてくださり、キャプテンのお母さんの気持ちを代弁して他の母達に伝えてくださるありがたい方です。



そんな彼女のお陰で、旅行が実現!

娘は、お友達と楽しい一泊をすごし、

私は、主人、父母をまじえて兄夫婦・弟夫婦と夜中の2時まで語りあえました。

本当に、本当に、ありがとうございます。Kさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏風邪?

お盆前から、次男、長男、次女・・・と続いて高熱をだして寝込んでいます。

こんなことはひっさしぶり。さらに、めずらしく一日では下がらず、何日もっかかっています


子ども達がまだ小さい頃こんなことがあったなあ・・・などと懐かしんでしまいました。(おいおい)


いやあ・・・寝込み方も色々で、


4年生の次男は、ひっきりなしに「お母さん、えらい~、えらい~」といっていました
こんな時は、39度を超えている。
それでも彼は、しっかり食べられるのですよ
しょっちゅう入院していた乳児の頃から変わっていませんでした(笑)

38度台に下がると、俄然元気になって、にこにこするしよくしゃべる。
熱なんかはからなくても、そのまんまです。わかりやす~い!



中3の長男。これが手がかかる。「水ください」「氷まくら~」「しんどい~!」寝ている部屋の携帯からわざわざ電話を鳴らせて、呼びつける・・・・。

「はぁあああ~!!お代官さま~」もしくは、

「はい!おぼっちゃま」という気分です。

そんな中でも、子ども会の会議や生教会の打合せにはでていったので、次女がお兄ちゃんの様々な要望を、それはそれは献身的にかなえてあげていました。主人とそれをみて「涙ものだよねえ・・・」と彼女の優しさを讃えました。


そうそう、夜の子ども会の会議から帰った昨夜。チラシの裏に次女からの手紙があったんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ママヘ♥    ほかの人は見ないでね!


しょっきはあらったけど♪

お兄ちゃんは、まだまだなおりそうにないみたい

キャベツよさそうだけど とりかえなくちゃいけないから めんどうです。
(解:解熱に野菜をつけるといいとおばあちゃんの智慧で読んでやってみました・・・・・byうっち~)

お父さんも7時半くらいに帰ってきてくれて助かりました。

ときどき水をあげたりしました

お好み焼きおいしかったです

だけど、あまりおなかがすいていなくて2枚しか食べれませんでした。

明日お姉ちゃんが先ぱいの家でバーベキューするんだって(たぶん)

おにいちゃん、えらいのにみのりたちのことを心配してくれて、おふろはいれよannoy

と7時半にいってきました。それにたーくんがはんぱつしちゃいました!

あっなるべくshineキレイshineにしたつもりですsign01よ♪    みのり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キッチンはとっても綺麗に片づいていました。

この手紙にうるうるして、母はお返事をかきました。





今日は、ヤングミセスのリーダー勉強会でノーミート調理実習だったので、

陸上部の練習のあとに、まだ完治していないお兄ちゃんを家に残し、下二人を連れて参加したのですが、

いつもは小さい子のお世話をしてくれる次女の姿がみえないと思ったら、

風呂場の前に座り込んで発熱しておりまして・・・・spa

片付けも失礼して急いで帰って参りました。





「今度は、お兄ちゃんがお返ししないとねえ」・・・・・と長男が皆に言われたのは言うまでもありません(笑)



明日明後日は、子ども会のソフトボール大会もお断りして、上の娘の練習試合も失礼して、みのりさんのそばにいてあげたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ありがとうをコトバに

19日の、娘の小学校の卒業式

『旅立ちの日に』の歌が始まるとともに、「渡した手紙を読みながら聞いて下さい」と子ども達。

卒業式が始まる前に娘からもらった手紙をあけると・・・・

「お母さんへ

いよいよ卒業。中学生になります。長かったようで短かったこの6年間。私が熱で休んだ時、用事があっても断って、看病してくれました。野球で毎週お弁当をつくってくれました。何か問題につきあたった時、はげましてくれて、アドバイスしてくれました。いつも悪いことをすると、まっさきにしかってくれました。

そんな母さんが大好きです。今日の式のために、ずっと練習してきた歌です。聞いて下さい。今まで本当にありがとう。そして、これからもよろしくお願いいたします。中学生になっても、私の成長を見守っていて下さい」

もう駄目。よみながら号泣・・・・。

主人宛にもちゃんと手紙があって、その日の夜、遅くに帰宅してから読んで貰いました。

「私にとって父さんは、自慢の父さんだよ」と最後に書かれていて、主人も涙。

感謝って、やっぱり表現するといいですねえ。

あまりに感動したので、いつもパソコンばかりの私が、その夜は久しぶりに手書きで娘に手紙を書きました。

同居した祖母との葛藤ばかりの中で、自分のことばかり考えていた私が、「お役に立つなら」とヤングミセスの対策部長を引き受けたとき、貴方が宿ったのだということ。

生まれたのは、丁度、行事の準備の私の役割を全部終えたあとだったこと。

だから、最初から、生まれる前から、貴方はとても優しくてお母さんを助けてくれていたのだということ。

誰からも誉められ、愛される貴方だけれど、よい子でなくても、どんな貴方でもやっぱりお母さんは大好きで、応援していること。


私が書いているうちに、書くのが苦手な主人も手紙を書きはじめ、なんて素晴らしい娘を頂いたのだろうかと、二人して手紙を書きながら涙ぐんでいるヘン夫婦でした。

書くってやっぱり、いいですね。
分かっていても、いつもそう思っていても、 あらためて書くと、ありがとうがもっと大きくふくらみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

終業式です

「あがったよ~」「さがった~」といいながら、子ども達が通知票を持って帰って参りました。

「通知票の右側の『行動』の欄の○は、左側の二重丸10ヶ分の価値があるのだ」と主人は子ども達に言っていますので、上がったところと、生活欄に注目して見せてもらいました。

4人いると、色々なパターンがあって、見ているだけで面白い・・・・

何をしてても私には刺激的な長男くんは、トータルで下がったとがっかり。
でも、私は感心しました。成績なんて無関心だったのに・・・・がっかりできるなんて、えらい進歩ですわ~。(笑)

優等生でスポーツも得意な長女は二重丸が減ったとぶつぶつ言っています。でも「行動」の欄に○が増えた!これは素晴らしい!

私の殆どコピーのような二女は、ちょびっとUP!満足そう・・・。
なわとびをとても頑張っていて、六年生の子が取り組むコースまでやっています。

自分で学芸会の台詞に自分でアドリブを入れた次男。そのことが書いてありました。先生、誉める所を書くのに苦労しますとおっしゃっていたけれど、やっぱりプロねえ・・・ちゃんと探してくださり、ありがとうございます。

お仏壇のおばあちゃんに報告して、通知表をお供えしました。

今の小学校では、通知表に悪い点は書かないようになっているみたいですね。
人はついつい、悪い所に目がいきがちだから、あえて良い点を書く、というやり方に賛成です。

さあ、明日からは中学生練成会です。
先日、小学生の見真会で最後までお手伝いをしてくれた長男の友達が参加してくれます。

早く寝ましょう~っと。

おやすみなさいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今日の嬉しいことあれこれ♪

今日はアメリカではThanksgiving Dayと言って、今ある幸せに感謝しましょう、という日だと、TAさんに教えていただきました。そんなステキな日がアメリカにはあるんですね~♪

で、その素敵な今日は、うっち~夫婦の15回目の結婚記念日です。

といっても何もいたしませんが、昨夜12時に主人の携帯がなりまして・・・・記念日のコールだったらしく「15年間ありがとうございました。これからもよろしくね」と主人からお言葉をいただきました。(*^_^*)

「私もありがとうございます。」とお礼をいいました。

夜が明けて、嬉しいこと続出の一日です



午前中は、久しぶりに地区のみんなと普及誌のポスト愛行。

大人2人、高校生2人、近所が恥ずかしい中学生2人、6人は車でちょっと遠方へ遠出

そしてお子様チームは徒歩でご近所をまわりました。
このチームは、ヤングミセス2人と、S家の幼児3人と、うっち~家の小学生2人、そして、高校生Sさんの小学生の弟さん。計8人。彼は何をかくそう、普及誌愛行が大好きで、そのために、 お姉ちゃんについていつも参加してくれています。

4人兄弟の4番目の彼も、うっち~家の3番目、4番目さんたちも、兄・姉が不在で、その場で自分たちが年長者だととにかく面倒見が抜群によくなる!幼児さんたちの手をつないで、ちゃんとみていてくれます。すばらし~!

そして、子ども達はみんな積極的で、どんな人にも遠慮無しに、渡そうとしてくれます

それを見ながら「私達はつい、見つからないようにポストにそっといれがちだけど、もっと堂々と渡せばいいのよね~(^_^;) 」と母二人は感動しておりました。


みんなでカレーORハヤシを食べ・・・・・

さて午後は、

うっち~家の長男くん、生長の家の中学生の会である「ジュニア友の会」の誌友会の発会でした。

自宅で、数名のお友達と生長の家の御教えを学ぶ会を自分が主催者となって開くのです。

長男くんは、この日のために、会の進行をスムーズにすすめようと本部から発行されている誌友会開催のマニュアルを読み「司会台本」を自分で作成。それを声にだして読みあげながら、1人リハーサルをしていました。(私と同じ♪やっぱり親子です)

私は長男についついコトバがきつくなって衝突することも多いのですが、彼が受け身でなく、自分で準備ずる行動には感動しました。

自分がやるという意識の高さにも、です

中学生担当の美しい大学生、Mさんが「まず神想観をしましょう。最初は招神歌とみすまるの歌だけでもいいから」といわれると、本当にそのまま「招神歌とみすまるの歌だけ」実行している素直な彼(笑)

「始まる前に、聖経をあげましょう。早めにいくので、一緒にやろうね」といわれたけれど、それはとっても苦手らしく、いやだ~と言っていました。どうするかな~と思っていると、参加する友達をリビングに残して、Mさんがいらっしゃる前にひとりだけ仏間(誌友会をする会場にしています)で、聖経読誦をはじめるのです。

何故か笑えます・・・・

中学生の男の子ばかり3人と、講師の先生と、担当のMさん、そして、単青委員長で地区委員長のSさん、同じ地区のS夫妻、高校生のSさん、と、地区のみなさんがお菓子をもって祝福にきてくださいました。

来られなかった他の単青の委員長さんからは、お祝いメールが届きました。

長男くんは幸せです。誌友会のために用意されたお菓子を、参加者だけで全部食べられることも幸せだったようです(笑)



僕は絶対ジュニア友の会は入らないといっていた1年生の頃が嘘のようです。

一番大事な、光明化運動の基本である誌友会をやってくれる長男くんに、私は心から感謝しています。あなた
のしていることは、すご~いことなんだよ。


ありがとうね。




私は誌友会中はいない方がよいので、会が始まってからは、地区のみなさんと家庭訪問にまわらせていただきました。こちらも、楽しかった~!



さらに帰り道の途中、携帯がなりました。

長女いくちゃんの野球チームのマネージャーさんから

「今日の野球の試合、勝ったよ!」との報告!

娘はピッチャーです。 完投して、ホームランを打って、サドンデスの結果、8-5で勝利!なかなか勝てないチームだったし、今回は強い相手だったので、いくもみんなも、涙&涙だったそうです。

監督が自腹を切ってお好み焼きをご馳走してくださいました。

何十回も負けて、沢山悔し涙を流して・・・・・強いと言われている相手に勝ったのは今回が初めてだね

嬉しいよね~、良かったね~、努力は裏切らないね~

  なかなか、・・・・・・応援にいけなくてごめんね

昼間、PCメールをあけると、いくちゃんから、グリーンメールが入っていました

いつもは、直接話しにくいことをメールしてくる娘です。あけてみると・・・・・

「おめでとう」「これからも、お父さんと仲良くしてね♪」

ですって。

結婚記念日覚えていてくれたんだね~

なんて行き届いた娘でしょうか

・・・・・涙でちゃいました

せめて弁当は一所懸命つくるから、明日もガンバレ~!!

盛りだくさんの有り難い一日でした。

| | コメント (8)

がんばる子ども達

今日は、娘の野球チームの練習試合。
朝から、3試合、夕方までありました。私は2試合目から主人と見に行き、ちょこちょことスコアをつけたり、審判さんへのお茶だしをさせていただきました。暑かった~♪

オーストラリアでは、紫外線を警戒してUVクリームをつけすぎてしまい、日にあたらないと作られないビタミンDが不足している人が多いのだと、昨日教化部で立ち読みした本に書いてありましたが、私は子ども会の各種大会&野球の試合で、ビタミンDはバッチリです。しみになるなんて心配しないぞ~!

さて、試合相手ですが、強くて人数の多いチームでしたので、1試合目はAチーム=6年生で構成されているチーム、2試合目は、Bチーム=5年生でした。最後は5年生の2軍をまじえた構成メンバーで背番号は34とか、27とか、まるでプロ野球みたいな番号。でも、少年野球は連番なので、それだけメンバーがいるということです。
吾がチームは12名。6年生は8名なので、ちっちゃな子もだしています。

全試合負けましたね~。やっぱり小さい頃から野球チームで毎日練習に励んでいる子達は違います。層が厚い。
打たれると、どんどん沈んでしまう吾がチームの子ども達ですが、相手のBチームはサードの体のちっちゃな5年生がムードメーカーのようで、投球のつど、ピッチャーに声をかける。打たれた時は、タイムをかけて間をとる。4ボールになると、「みんなを信頼して打たせろ」などと、高校野球をみているような感動的な声のかけ方でした。攻撃になると、ナゴヤドーム顔負けの応援歌。ピンクレディーのサウスポーの替え歌には驚きました。(あれは、私が小学生の頃の歌ですわ)楽しむ余裕があるんです。

 さらに、5年生のチームでも、1、3塁にランナーがでると、必ず1塁のランナーが大幅にリードします。あまりにリードするので、ピッチャーが、牽制球をなげるのですが、1塁2塁の間で、球をやりとりしてランナーを刺そうとしている時に、タイミングをみはからって、3塁ランナーがホームへ入り得点。ちゃんと1人1人が、自分の足の速さと、ピッチャーやファーストセカンドなどの選手の肩の強さ、送球の速さがわかっていて、どのタイミングで動いたら自分がセーフになるかを自分で判断して動いています。これを理屈でわかるのと自分が実際動けるようになるのでは、大きな違いがあります。うちのチームは彼らに比べるとひよこの様ですが、強い所とやるとすごく勉強になりますね。小学生のプレーなのに、感動ものでした。

吾がチームの子ども達も、春にくらべるととても上手になったんです。そもそもピッチャーが4ボールだらけで試合にならない所からのスタートでしたので、1試合ごとに、野球を理解し、実践し、上達していく姿が楽しみで、親達の励みにもなります。

私ももっと練習しよう。「練習は自分を裏切らない」ですね。いくちゃん!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧