生長の家

初めての絵手紙

先日、絵手紙誌友会をやってみました。

夜の青年誌友会ではやりましたが、昼間の時間には初めなので、皆さん初めて描かれる方ばかりのようでした。

派遣の先生から

「観方によって、同じことも違って見えてくるのです。自分にとって都合のよくないことが起こったとき『勉強になるなあ』と受け止めるか、『嫌だ』と思うか。でその後が変わってきますよね。ですから、観方は大事なのです。観方の練習をしましょうね」

というようなお話をして頂いて、(お話は40分もあったのですが、メモしていなくてすみませ~ん。)

あとは、

「①この人に贈りたいと思って描く
でもいいし、

②描きたいと思ったものを描く

③よ~くみて、描く

①か②のどちらかでもいいので、まず描いてみましょう。

③は是非、意識してみてください。

身近な自分が使っている物を描いたら、ああ、ありがとうと感謝の気持ちが湧いてきたという方もいらっしゃったよ~」

などと、簡単に説明して

後40分ほどで、描きました。

100olympp1240002_p1240002

Oさんの絵手紙
苦手だとおっしゃていましたが、なんのなんの。

色鉛筆で彼女の人柄のように優しい色使いです。

・・・・もうすぐ、お誕生日なので、ご両親に送られるそうです。

100olympp1240003_p1240003

Aさんの絵手紙

よ~くみて、えのぐで丁寧に色を重ねていらっしゃいました。

ろうばいの良い香りがただよってきそうです。

100olympp1240004_p1240004

A先生の絵手紙

こんなお言葉を頂いたら、元気がでますねえ。

どなたに贈られるのか、聞き忘れてしまいました。(;^_^A 

100olympp1240005_p1240005

Mさんの絵手紙

お孫さんに贈られるので、可愛いぬいぐるみを描かれました。

100olympp1240006_p1240006

うっち~の絵手紙です。

Oさんは畑を借りて野菜を作っていらっしゃり、毎回私は頂いているのですが、

先回頂いて食べてしまった大根のクビの部分を水につけておいたらこのように葉っぱがでてきました。毎日ながめながら、すごいなあ~と思って描きました。

大阪にいる90歳の祖母に贈ります。

100olympp1240010_p1240010

最後に、お子さんにアンパンマンの絵を一所懸命描いていらした

Yさん。の3歳の息子さんが、我が家にあるおもちゃのパフェに甘夏をのせ、水筒の蓋をのせたら、なんだか可愛かったので、うっち~が顔をかいてみました。

翔くんの作品です。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

久しぶりに

今日は、久しぶりに、Kさん宅にお邪魔して一緒に生長の家の雑誌を読んで参りました。

Kさんの娘さんは、我が家の次男くんと同じ小学5年生

つがい?のメダカを学校から持ち帰り、次々と卵を産んでちびメダカたちが生まれていました。

玄関先で、メダカ達をみながら色々おしゃべりして、本を順番に読みました。

この間までの私とちょっぴり違っていたのは、何とかしてあげたいとあせる気持ちがなくなったようです。

のんびりと、お話を聞き、

約束の時間をすぎたから(短時間が疲れないらしいです)

「夕食を作る時間だから、続きは又ね~!」と言って帰ってまいりました。





「何とかしてあげたい」という気持ちは愛で、それ自体は悪くはないのでしょうけれど、


私の場合、そこには「自分が」という思いとか、

「よくない状態だ」と観る自分がいたのだなあと思います。

だから、相手の話をききながら、次に自分が伝えたいことを考えていました

それって、聞いているようで聞いていない、受け止めているようで受け止めていないんですねえ。




この2ヶ月、

部活内での保護者同士のいろいろや、先生への批判

運転と一日中グランドにいる疲れなどから、

私自身がすっかり振り回されて、疲れ切ってしまったりしたこともありましたが、




そんな中でも



どんな状態の時でも、善い部分があることに改めて気づいたり

かけがえのない経験だなあと、しみじみしたり

すでに、素晴らしいのだということを観る練習は、楽しいものだと思うようになりました。



シコク嫁様に話してくださった先生のように

苦しんでいる相手と一緒に涙を流したあと、

「大丈夫よ!貴方は大丈夫!素晴らしい神の子よ」

そう、心から言ってあげられる人になりたいです。




| | コメント (9) | トラックバック (0)

発会式

今日は、私が支部長をさせていただく、白鳩会の支部発会式でした♪

海のもの、山のもの、御神酒、塩、お酒・・・・とお供えも準備して、

先日、母親教室の発会の際に来て頂いた、教区の連合会長もお越しになり(あんなに多用でいらっしゃるのに、こういう場には必ず来てくださることに、驚いています)


他の先輩支部長の皆様もお越しになり、

本当に、厳粛な「式」でした。



ああ、こんなふうに荘厳な気持ちで始められるのは、ありがたいことだなあ・・・・とじ~んといたしました。





式の最中、ずっと昔を、思い出していました。


中学生でジュニア友の会、の区の会長になります、と決意して、

発会した時や、単位青年会の委員長になったとき。



あの時も、地元の青年会の方や先輩がきてくださって、厳粛な式をしていただきました。

そして、

光明化運動の一番の基本は誌友会で、地元の運動。自分が住んでいる場所でお役に立つこと。

周囲の方に喜んでもらうこと。



・・・と、先輩方に教えて頂き、中学生でも、自分の出来る範囲でお小遣いの一部を自分以外の人のために使うことの意味を教えていただきました。





その時は、住んでいる地元で、お役に立てる自分ではない、と感じましたが、お役に立ちたいなあ~、喜んで頂けるようになりたいなあと、思い描くようになり、


全然そうでない自分に悩んだりしながら、それでも、描きながらつづけてきて



その積み重ねの上に今がある。

少しずつだけど、描いた人生を歩けているのではないかしら。



・・・・・と、じんわり嬉しい気持ちになった今日でした。




祝福してくださった先輩方、ありがとうございます。
副支部長を引き受けてくださった、Oさん、ありがとうございます。
快く、分けつを勧めてくださった、Mさん、ありがとうございます。
「無理しなくていいのよ、あなたのよいときに」と言ってくださった、M総連会長ありがとうございます。




・・・・・・きゃぁああ~(><。)。。 アップしようと思って気がつきましたが、記念写真を撮り忘れておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

娘が練成会に・・・・

長女が初めて、中学生練成会に参加しています。

この1年と数ヶ月、練成会の日程と部活の休みが重なることがなかったのですが、

県大会で負けたお陰(というと娘に怒られます・・・汗)で、機会を頂きました。

7月31日から8月5日まで、6日間の休み。

こんな長い休みは今までなかったかもしれない・・・

なので、行かせようかどうか、迷いました。(^^;)

嫌がるのはわかっているし、休みがなくなる!って、きっというぞ。ケンカになるかもなあ。ああ、それは嫌だなあ。。。。と

何故か私は長男とは派手にやりますが、娘の言葉が妙に胸につきささる。

前世に嫁姑だったのだろうか?いや、娘と母が逆だったのでは・・・






そう思うけれど、やっぱり、どうしても行かせたいなあという思いがつのる





だって、ソフトボールだって、負けたのは、気持ちだよね。県大会で負けたのは、いつも練習試合で勝っているチームだったんだから。

そのチーム相手に、見逃し三振。他の打席ではホームランもうったけど、追いつけなかった。

先生も「もう技術は他のチームに追いついています(新人戦の時はコールド負けで、至上最弱、といわれましたので)あとはココですよ」と胸をど~んと叩かれた。

そうです。気持ちです。心です。

勝ちたかったら、心もみがくこと。





それに、私は技術面では素人ですので、彼女らにしてあげられることといったら、
本当の強い自分、自分の中の神様を信じて生きることのすばらしさを伝えることしかないもんねえ。

人生で本当に伝えたいことも、あげたいものも、それひとつだ。

私が一所懸命生きようと思う動機も、それを伝えたいからだ。



よし、ケンカになってもいいからいうぞ!!





そう思って娘に言いました。

すると、案の定、「休みが6日しかないのに?」ときつい視線でいう

私は、なるべく声を荒立てず、(と自分に言い聞かせ)

「うちでは、練成会はいく約束だったよね。今までは、部活だったから何もいわなかったけど、それに、本当に来年勝ちたいんだったらいくといいよ・・・・・・」




と皆まで言う前に私の言葉をさえぎり、娘は

「いくわっ!!angry」とどなる。

おおお、やっぱり怒っとる・・・・

それからそれから




娘 「知っとる人がおらん」 

私「え?生命学園の子がおるじゃん」

娘「つまらん」

私「そうだねえ」

娘「泊まりたくない」

私「じゃあ、夜の行事が終わったら迎えにいって、朝の行事前には送るよ」

心を鬼にして、行かせることを決めたのに、なにか不憫になり、あれこれと手をだす馬鹿母です。(;^_^A 

そんなやりとりをしているうちに、ふと思い浮かんで、来月初めて我が家の母親教室に参加してくれると言ってくれた同じ部活のママさんに電話をしました。


できれば、娘さんに一緒に参加してもらえんだろうかと・・・・・(笑)




その後、すったもんだありましたが、結局

一緒に参加できることになりました。

練成は3日までですが、3日には出校日があり、宿題をださないといけないので、2日(明日)帰ってきます。

31日、1日目の夜は迎えにいって、我が家で宿泊。

夜のうちに、読書感想文を一緒にああだこうだと書き、途中まで仕上げ、

今朝は早朝行事に間に合うようにいきました。




野外研修の山登りは雨のため、中止になりましたが、今夜は泊まってきます。





練習であちこち痛んでいるので、2人とも正座がかなりつらいらしい。

う~ん、


よっぽど、椅子にしてほしいと言おうかと思いながら、いやいやそれも大事な経験だ!と自分に言い聞かせています。



どんな感想をもっても、嫌々帰ってきても(いや、そんなことはないと思いますが)

必ず、大切なものをちゃんと受け止めてくると信じています。


だから、いくちゃん、み~ちゃん頑張れ~!

み~ちゃん、一緒に行ってくれてありがとう。本当にありがとね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

きょんさんありがとう♪ ・・・・ランチ試食会にて

今日は、中学校のランチ試食会

PTAを3年間させて頂いていても、一度も参加させていただくことがなかったので、

一度くらい、食べさせてもらおうと、お友達と約束して申し込みました。





子ども達は、月に2度ほど、ランチルームで温かいメニューを食べることができ、あとの日は、弁当の状態で配られるそうです。でも、ご飯がほのかに温かい状態なので、我が家の子ども達は家から持っていく弁当よりいいらしい・・・・

今日の嬉しかった事は、ランチは勿論おいしかったのですけれど、それとは違う事。




実は、私、もうすぐ、母親教室を発会するので、小さなハガキ大にチラシを作ってもって歩いていたのですが、友人一人にお渡ししただけで、あとはなかなか渡せずじまいになってしまっていました。

が、今日は違いました。

きっとね、きょんさんのブログのお陰だと思うんです。よんでいるうちに、私も普通にお話できそうな気持ちになっていました・・・・うん、間違いない。
きょんさん、ありがとう~ (^人^)

http://happy-happy-young.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-e5d9.html#comments


まず、ランチルームへ入る、校舎への入り口で、長男の同級生のお母さんにばったり。

中学生の頃、息子さんは練成会にも来てくれていたし、小学生練成会の部長もやってくれていましたが、お母さんはなかなか誘えなかったのです。

ですが、そのときは、「あら~久しぶりです。実は、家でこういうのやるのだけど、聞きにきませんか~?」という言葉が口をついてでました。そして、ハガキ大チラシを渡せたのです。

その後、一所にランチを試食した友達二人にも、「ねえ、お母さんむけのお話を先生がきて話してくださるのだけど、こない?」と渡してみました。



お一人は水曜日から仕事に出ることが決まったので、駄目で、もう一人は、その当たりに、下のお子さんを連れて、ディズニーランドへ行くことになっているそうで、お二人とも来られないのですが、自分が誘えたことがとても嬉しゅうございました。

いつも、もっと幸せになって頂きたいと、思っている友人達に、良いお話を聞いて頂きたいなあと思った気持ちを素直に伝えられたことが。

よかったね。お伝えできたね。それでいいのよ。来るこないは、相手の方の自由だからね。うっち~さん、とひそかに自分を褒め、なんとも満たされた気持ちになっています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

描いた人生を生きる

少し前、父が母に、あやまったことがあります。

「今まで俺は、波瀾万丈で山あり、谷あり、大波にもまれるのが人生というものだと思ってきた。だから、その通りになったんだぁ、お母さんにはつきあわせて申し訳なかったなあ」と・・・・

描いた通りに人生は展開していく

その人の人生観、人間観、世界観が、その人が住む世界を創る

そうか~、確かに父は、保証人になって1000万円の負債を背負ったり、作った会社が倒産したり、仕事を5回も6回も変わったり・・・・おお、まさに波瀾万丈です

母と話していて、この話になったとき

父に似ている私は、自分とふとみて、考えました





私はどう思っていたっけ????

「人生とは、一所懸命・精一杯・頑張るものだ。いつも全力。力を抜けない」

これ自体は、悪くないし、むしろいいことなんですよね。

でも、ちょっと違うんだ。なんか、すご~く、我んばっている感じ

そこに漂うイメージは、生かされている満たされている温か~い感じじゃなくて、

必死になって、全速力で力つきても走っている感じ

もう、今充分なのに、

満たされているのに

こんなに、いいところでステキな出会いを頂いているのに

なんで私は必死になっちゃうんだろう

・・・・・・・・そんなことをつらつらと考えているうちに、

おっと、もう一月近くたってしまいました。




何か見えそうな気がします

もっと小さなことでも、じっくりと楽しめそうな気がする




でもまた

『がんばるんば~!!』って、鼻息荒くしている自分を発見して、あれれ?と思う

うまく言えないけれど、

これはこれでいいのだ!きっと。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

祝福しよう

娘のソフトボール部がちょいともめています。

顧問の先生が転勤されて、昨年新任でいらした先生がやってくださっているのだけれど、

ソフトの技術指導はできない

だから、キャプテンママも他の選手のお父さんも、何かできることをと、

バッティングの指導をしてくださったりしていました。

でも、色々な方に指導されて子ども達が混乱していて打てなくなっているというお話もあり、

キャプテンママが、ある方にバッティングの指導を週に一回依頼され、

「他の人は応援はしてもらいたいが、指導はしないで欲しいとメールがありました。」

私は、ど素人なので、

一人の方が指導された方がいいんだろうなあ~、と納得し、それにしても、キャプテンママは本当によくやってくださるなあと、感謝感謝で・・・・あまり出られないことのお詫びとともに返信したのですが、

娘の同級生ママの中では、問題になってしまったらしい

まず、指導しないで欲しいという言葉は、特定のお父さん宛てらしいのに、全員にメールを送ったこと。

その方は毎週、車出しで会っているのだから、メールでなくて口で言って欲しかった

週に一回の指導では、県大会に間に合わないではないか、皆で協力したらいいではないか、

などなど




どの意見もごもっともだと思います。

でも、キャプテンママはあまりべらべら話される方ではないし(飲んだとき以外は)

県大会間近だから、あせってもみえると思ったので、

「口で言いにくかったから、特定の人にだけ言うのもなんだから、メールにされたのだろうねえ・・・・」なんて言ったら、

○○さんの気持ちもわかってくれないといかん!annoy と友達に言われてしまいました。

私は、色々あるだろうけれど、やはり、中心になってやってくださっている方にありがとうだし、親がもめている場合ではない、という思いが強いのですが、

今はそれを言っても駄目かなあ・・・という雰囲気でした。

明日集まるそうです。

ぐちぐち大会になるかもしれないなあと、話しを聞いた後は少し重い気持ちになりましたが、





・・・・・丁度、祝福名簿にもっと沢山お名前をかきましょうと会議で聞いた所だったので、とりあえず、部活のことはおいておいて、子どものクラスのお友達や、学校の先生、色々な方の名前をせっせ、せっせと、書きました。

(ソフト部のお子様やお母さんの名前は書いてありましたので)

ソフト部の子やお母さんの名前をみながら、次々とクラスの子や学校の先生のお名前を書いているうちに、

ああ、皆神の子で、みんながよくしようとやっていて、子ども達のためにと思っているのだから、大丈夫!きっと良くなるぞ!

という気持ちにならせていただきました。

書くって違いますね。

祝福名簿すごいぞ。


きっと明日も大丈夫!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

バナナパンの次は・・・

バナナパンのことを会議で発表したら、

早速、帰り際に「あのね・・・・」と話しかけてくださった方がありました。




「ホットケーキミックス100gに、おから100gを入れて、

卵1ヶ、牛乳200グラムをいれて、

炊飯器に入れるの。で、まぜまぜして、普通に炊いてごらん。

パンケーキみたいになるし、繊維質がとれて、いいのよ~」



早速メモメモ・・・・させて頂いてきました。

卯の花だとあまり食べてくれない子ども達にもこれならいいですねえ



では早速・・・・

ホットケーキミックスレシピがブーム中の、ゆきえ様

いかがでしょうか?


あ、勿論私も作ってみま~す。coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バナナパン

昨月から、環境対社会対策部は、会議に次第に簡単に作れておいしいレシピを載せています。





バナナパンと申しまして、

①ホットケーキミックス100グラムを袋に入れて、やわらかくなったバナナを1本そこにいれ手でモミモミします。

②粉っぽさがなくなったら、袋のはしを切って、オーブンの皿の上にまる~くだし、お好みでレーズンや、チョコチップをのせます。

③170度で20分ほど、様子をみながらやいたらできあがり。

これを作ろうと、バナナを買ってくるのですが、やわらかくなるのを待たず、子ども達が完食してくれるので、これは、沢山買わないとな~なんて思ったのです。

そんな時、K講師が、誌友会に派遣に来てくださいました。

バナナパンのレシピを教えてくださったのも、K講師でしたので、

バナナパンの話になりました。

私は、

「バナナを買ってくるんですけど、やわらなくなる前に、全部子どもに食べられてしまうんですよ~ははは」

とまだ作っていないいいわけのように言いました。


それからしばらくして、先日の日曜日。教化部に行ったらK講師にお会いしました。


すると、K先生、

「これで是非作ってね。」とにっこり笑って、おお~きな房で山盛りのバナナを、当たらないように、緩衝剤までいれて、私に下さいました。


びっくり&すごいな~




食べられちゃう、なんていっていずに、私が沢山買えばよいのに・・・・

きっと、私だったら沢山買えば?と言っておしまいになりそうですのに(恥)



愛深いということはこういうことなのだなあ・・・と、しばしぼ~ぜんと

いたしました。

白鳩会って、すごいですねえ。

私も頭でっかちでなく、さららら・・・と当たり前みたいに行動できるようになろう♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

落款でこいのぼりを作ったよ  in生命学園 

_p5100119

全体写真

_p4260107

近づくと、こんな感じ・・・でも、小さくてみにくいですね(・・;)

ちょっと前ですが・・・・せっかく写真をとったので、ご紹介です。

生命学園で、ひとりひとり、落款(らっかん)を作りました。

小学生のお兄さんお姉さんは、消しゴムはんこで、

幼児さんは、もこもこペンで

「あ~!失敗した~!」などという声があちこちから聞こえてきますが、

「いやいや、失敗はないらしいよ。それが意外といい感じになるんだって。」と言うと、

作り直す子、そのままやってみる子、と反応も色々です。

でも、完成してハンコを押してみると、

どの子の落款も、味のあるいい~~い感じに出来上がっている!

とっても味のあるステキな落款ができました。

ひとりひとりマイこいのぼり(本当は使用済み封筒で作るといいのですが、沢山頂いた用紙があったのでそれを半分に折って使いました)

に、今年度の目標を書いて、落款を押して、ビニールシートに貼ると

おおお~!青空にひらひらとたなびく、こいのぼりたち!!

という設定でした。

早く作れた園児さんとお手伝いさんたちが、鳥や太陽、建物などをつくって貼ってくれたので、にぎやかになりました。

ここ何年かは、卒園時さんがそのままお手伝いに残ってくれるというステキな雰囲気ができてきているのが何より嬉しい★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧