育児

素晴らしい娘の讃嘆を

小学5年生の長女が野球のクラブチームに入団しました。野球が大好きで、毎日毎日壁に向かってキャッチボールをし、同じく野球好きな父親が家にいると「ねえお父さん、キャッチボールやろ~!」とせがむ姿をみてきました。主人ににて?(主人は運動神経は俺で努力家なのは君だと言ってくれますが、私も昔は足早はやかったんだけどな~)

「やっと入りたいチームを見つけた~!」とせまってくる長女に主人が即Ok。ソフト部に入っていたのは、野球はやれないから仕方なくだったのだな~と知った母でした。

10人の友達と体験練習に行き、即チームに入ったのは今の所4名。あとの6名は、親御さんの許可がでず、駄目だった子、まだ交渉中の子がいます。

今まで学校裏の公園で、クラス対抗の草野球を連日繰り広げていました。チームの応援の旗を作ったりする姿を見てきたので、クラブチームに仲間の半分が入ることで、いつも一緒に遊んでいた仲間がこれからは公園での試合はできないんだな~と思うと、ちょっと切ない気持ちになったり、学校の部活と違って、お金が結構かかるんだ!と驚き、ちょっと母はマイナスモードだったのですが、いやいや、クラブチームに入って、私は改めて娘を見直しました。

彼女は練習がしたくてたまらない。練習を嫌がらない。毎日毎日繰り返す。何に対してもそう。

それは知っていました。生命学園でもそうです。色々、先生からやりましょうと提案される事があります。すると、教育勅語の暗記、古事記の暗記、世界平和の祈り、神想観の先導、すべて取り組み、できるようになるまで寝ても覚めてもやっている。「お父さんお母さんありがとうございます。を書きましょう」という取り組みがあると、毎日書きだし、何十枚にもなっています。PCのキーボード操作も、もうすぐ検定3級をうけられそうな勢いです。何でも、素直に、できるようになるまで、練習し続けるので、必ずできるようになる。決して器用でなく、お兄ちゃんのように、最初からさっとできる訳でもない彼女なので、練習しつづけることのできるこの天才は素晴らしいと思ってき、尊敬してきました。

けれど、「この年の女の子ではありえない上手さだ」と監督が言って下さって改めて、何というのでしょう。彼女は、すごいな~と感動しました。父親は仕事かなり多用で、生長の家の活動もあるので、そんなに野球を教えてもらっているはずはないのです。いったい、いつ?どこで?いつのまに上手になったの?

そうか~、練習だよね。やっぱり練習だよね。練習そのものを楽しんでいるんだね。少しでもできるようになった自分が嬉しくて又練習するんだよね。

「優しいね、いくちゃんの方がお母さんみたいだね~、きっと前世はお母さんだったんだよ~」 頭痛で寝込む私の頭を、優しくなでてくれる娘に、ついそんなことを言ったことがあります。

彼女はニコっと笑いました。

・・・・・・今日、ついガミガミ言ってしまい、讃嘆を書こう!と思って書いているうちに、何て素晴らしい娘と出会えたのだろうとわかりました。ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

みんな天才!

中学一年の息子の授業参観と作品展へ行って参りました。授業参観は、「あんまり来て欲しくない」と初めて拒否を意思表明したので、成長した彼を尊重して(?)そっと、少しだけ、見に行きました。5年生までは、私を発見すると「おかあさん、今日車できた?ランドセルもってかえってくれる?」と先生そっちのけで、手をふってジェスチャーをしていたのに、今日は、黒板から目を離さない。「授業妨害しています。お母さん、どうしましょう?」と先生に相談?された4年生の頃が嘘のようで、長男の成長を見るたび、ありがたくて涙してしまうのでした。

その後見に行った作品展。これがスバラシ~!美術は勿論、夏休みに作った自由課題の工作や、資料、などなどあらゆる分野の作品が飾られていました。天才がこんなに沢山!!と感動しました。「ウソ発見器」や「椅子」、「金子みすずの生涯」「油絵」、見ているだけで楽しく豊かになってきます。

印象的だった作品を紹介しようと携帯にとったのですが、画像が小さすぎてわかりません!ショック!

明日もやっているので、デジカメで取り直せたら紹介しますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術作品

180819180819_2  主人の兄弟姉妹でキャンプへ行って来ました。今回は義母も一緒です。義母は体力・やる気に溢れる方で、どこかへ一緒にでかけても私より元気なのですが、キャンプまで行こうという意欲は尊敬に値します。いくつになっても義母のようであろう~! 

 写真は、5年生の長女と甥っ子の3年生の男の子が2人して、食事も忘れてテントサイトの土(じゃり?)の上に書いていた作品です。子供は偉大な芸術家だと感動しました。夜と早朝のお父さん虫探しツアーは恒例で、おにやんまもくわがた虫もつかまえる事が出来ました。が、昔のように家に持ち帰りたがることはなく、一緒に記念写真を写したら、はなしてあげているのにも、成長を感じます。180819_3 見えにくいですが、子供が手に持っているのがつかまえたとんぼです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの過ごし方

もう夏休みも中盤となりましたが、5年生の娘の担任の先生が、夏休み前のクラス懇談会でこんなお話しをされました。

「お母さん、通知表で算数が以前より悪かったからといっても、算数ができないということてはありません。1学期に習った単元が興味がもてなかったからか、苦手だったというだけなんですよ。なので、△がいっぱいあったって、『あ~山が一杯だね~あとは登るだけだ!』くらいの事を言ってあげてください。それよりも、夏休み中は、お昼ご飯を毎日作らせてください。そうめんでも毎日作ったら上手になります。通知表のよくなかった子には、『よくなかった分からだで返しなさい』(冗談ですが)、良かった子には、『よくできたね。夏休みはもう宿題以外しなくていいから、お昼ご飯を作ってね!』というようにして、家族の一員として仕事をさせて下さい。ごろごろしていたら、2学期に学校へ来たくなくなります。働いて働いて、『もう学校へいきたい~!』と思うようにしてくださいね。」(爆笑)

子供にもそのような話をされたようで、娘は作り始めました。長男が小学校へ入学した時に、「これからどのような先生にあたっても、その時子供に一番いい先生なんだと思う」ことを決めましたが、本当にそうImg_1561 Img_1565_1 なっています。Img_1566

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生長の家の練成会

2泊3日で、4人の子供のうちの小学生3人が生長の家の小学生練成会に参加しています。合宿形式で、「人間は神の子(仏の子・又は大自然の子)で無限の力をもっている」「先祖様や両親はじめ全ての人・物・事に感謝する」事を教えてもらい、実際に練習する所なのですが、小学生の頃はイヤイヤ参加参加していた中学になったばかりの長男が、今回、お手伝いをさせて頂きました。

私は親としてかなり未熟で、自分とタイプの違う彼をなかなか認められず、怒ってばかりで、そういう自分を又自分が責めるという事をしていたのですが、絶対誰一人間違いなく、天才があると生長の家で教えられて、この子の天才を見る練習をさせていただいているうちに、できないこと苦手な事は沢山あっても、本当の意味で頭のよい、人の気持ちのよくわかる子だ。特に創作力においてはピカイチだと、本当に思えるようになってきました。

長男は、私がお手伝いにいくので、仕方なくついてきましたが、気がつくといつの間にか、小学生のお世話をさせていただく部長となっていました。いつも、妹と壮絶な喧嘩をするのに、ナント参加した子供達の兄弟げんかの間にわってはいり、双方の話をきいて色々と話してくれているとの話。涙がでました。「お前の気持ちはわかるけど」等と語っていたらしく、今までの兄弟げんかがこんな所で役にたつことに驚きと感動でした。部活に入っていなくても、親のこうして欲しいと思うこととは違っても、誰かの役にたつ事を引き受けてくれた彼は、やはり素晴らしいと感謝で一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)