趣味

折り紙ボランティア  in生命学園

最近のマイーブーム、折り紙ボランティア

丁度、生命学園で、日本の伝承遊びとして、折り紙を折ろうという時間があったので、園長先生にお話しして、この折り紙ボランティアのお話しをさせてもらいました。

「みなさんが折った折り紙を、喜んでくださるおじいさんおばあさんにプレゼントしませんか?」と

私は、低学年以下の班の担当でした

限られた時間でしたし、幼児さんもいますので、子ども達も、まだそんなに次々と素早く折ることはできません。でも、いくつか自分の好きな折り紙を折り、

「これは、持って帰る。これは、プレゼント」とより分けていました。

最初は、殆ど全部「持って帰る」だった子供さんも、しばらくすると、後から「これもプレゼントする」と持ってきてくれました。

人はやっぱり善ですねえ。誰かに喜んでもらいたいんですね。

「ありがとう!じゃあ、先生が紙に貼って送っておくね~」とお礼を言って

家に帰って貼りました。

生命学園の園児さんのお陰で、50枚も送ることができました♪

100olymppa270002_pa270002  ねこさん



100olymppa270003_pa270003

 金魚は一匹づつ、金魚鉢にいれてみました




100olymppa270004_pa270004 お魚くわえたどらねこ♪というフレーズを歌いながら





100olymppa270008_pa270008 8枚の折り紙で、カラフルリースです。ロウソクだけ、私が添えてみました





100olymppa270007_pa270007 綺麗な花ですねえ




100olymppa270009_pa270009 夫婦鶴・・・・めでたそう




100olymppa270001_pa270001 この日は、ねこが人気でした。ケーキの箱を開いて、そこに貼ってみました。



全部折り紙は幼児から2年生までの園児さんです。
今度は、台紙をお母さんやお父さんに作ってもらって、親子で合作、もいいでのはないかしら。

一枚一枚、どうやって貼ろうか、が楽しいひとときでした。

これも右脳でしょうか~???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

折り紙ボランティア

子ども達が小さな頃、折り紙ボランティアに参加していた時期がありました。

一人で生活されているお年寄りに届くお弁当

お弁当だけでは味気ないから、折り紙を一緒に届けるというもの

その折り紙を送ってくれる人を募集していました


ちまちました作業が好きなワタクシは、早速参加したものの

次々と子ども達が生まれていつの間にかとぎれ、忘れてしまっておったのでした。





あっという間に10数年、最近、小5の娘、みのちゃんは何度目かの折り紙ブーム

「お母さん、どれを折って欲しい?」と聞かれ、オーダーすると次々と折ってくれるので、たまっていくたまっていく。

でも、5年生ともなると、とっても美しく、複雑なものも折ってくれるので、箱にしまっておくだけでは勿体ないなあ・・・と考えたときに思い出したのが、この折り紙ボランティアでした。

相当昔の事だったので、今でも受付てくれているかわからなかったのですが、

物持ちのよい私は、当時の送付用封筒を保管してありました

おおっ、うっち~偉い!と自分を誉めて・・・・・・

もう、どこに送っていたのかも忘れていましたが、封筒を見ると、送り先は徳島県阿南市



電話を掛けてきいてみると、今でも折り紙を受け付けてくださるらしい~♪

カレンダーの裏でも何でもいいから、台紙に貼って送ってもらってもよいし、折り紙だけでも、あちらのディサービス施設の職員さんが、貼り付けてくださるそうです。

・・・・ということで、ここ数日は娘の折ってくれた折り紙を台紙に貼っています。

ただ貼るだけでいいんだろうけれど、やり始めると、背景を塗ったり、折り紙を切って葉っぱにしたり、どんどん楽しくなり、とまらなくなってしまっています

Pa250044 

Pa250043

Pa250045 

折り紙ボランティア、やってみたいな~という方はご一報くださいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)